徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成31年1月元旦、火曜日、晴れ)

2019年01月02日 | 日記
           あけましておめでとうございます。
           昨夜の大みそかにはNHKの紅白歌合戦(ていうのかな?)をチラッと観たが
           知らない歌手やステージの様子が昔と違うので「現在の世間との疎外感」を感じ早く寝た。
           今日はいつも通りに早起きし、ラジオ体操し、排便に行ったら
           昨夜、すき焼きや締めでウドンなどを食べたので
           立派な「のの字」のウ○チが出た。
           その後にまだ残便感が残ったのでもう一度トイレに行ったら「しの字」型のウ○チが出た。
           大腸もすっきりしたし、合計で「のし」という字のウ○チなので、今年は元旦から縁起がいい。(笑)

       今朝は空に雲が掛かっていたが初日の出を拝みに外に出た。
           
           雲の隙間から初日の出だ。
           
           午前7時丁度。
           太陽神に人類の平和とワタシの平穏な生活を柏手2つで祈念した。

       午後、散歩を兼ねて来宮神社に初詣に行った。
           
           
           15分くらい並んだ。

       ワタシの前のお父さんは「お賽銭」に硬貨を投入し長いこと神様にお願いしていてイライラした。(笑)
       投入したお賽銭の額のことを考えて神様にお願いごとをしてほしいものだ。
       ワタシなど、お賽銭は10円しか出さなかったので、畏れ多くて神様にお願いごとなどしなかった。
       「おみくじ」は「大吉」だった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事