徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成30年9月4日、火曜日、雨、台風21号)

2018年09月05日 | 日記
    昨日(9月3日)は、午後からいい天気になったので岸壁に行った。
    釣果を期待しないで遊びに行ったのでクーラーボックスなど持って行かなかった。
         
         
         ルアーにこんな見知らぬ魚が掛った。
         近くで釣りをしていた人に訊くと「アイナメじゃないか」とのことだ。
         これ一匹しか釣れなかったので持ち帰ってもしうがないので
         近くで釣りをしている人にあげた。

    今日は朝から台風21号が来るというのでテレビに釘付けだった。
    「晴耕・チョい釣り雨読」のワタシとしては、今日こそ「お絵かき」や「読書」などの
    文化系の一日を過ごそうと思ったのだが、ついつい野次馬気分で台風の状況を
    テレビでチェックだ。
    昨夜の台風の予測進路では暴風圏が熱海に引っ掛かりそうなので
    「よっしゃ!来い!」と期待していたのだが、台風は熱海から相当離れた
    名古屋寄りを通過して行った。
    それでも、御承知のようにものすごい台風で
         
         灯台をも超える高波や、関西空港が冠水したりタンカーが橋に衝突したり
         台風が通過中で情報が少ないなかでも相当な被害が報告された。
         昔と違って、報道関係者も強風の中、外に出てレポートはしない。
         「安全を考えてホテルの部屋からレポートしています」などと強調している。
     笑っちゃったのは
         「外は人が歩いておりません!」と絶叫してレポートしていたら
     画面には1人の男性が歩道を歩いるのが映し出された。(笑)
         「おいおいおい!」

    台風が関西地方を通過すると、いろいろな被害状況が分かってきた。
         
         中古車展示場で火災やら
         
         大阪港で輸出用の乗用車のようだし、コンテナなども流され
         市内ではクレーンが倒れたり、車が横転したり、看板が落下したりで
         大変は被害のようだ。

    やはり、こんな時は「引きこもり」に限る。
    夜になると、台風の進路から離れているがテレビの画面に
   「静岡県東部に大雨警報」などが出る。
    静岡県民のワタシは「静岡県東部」ってどこだか知らないので、どこだよ?
   ちゃんと市町村名を出してほしいもんだ。
   いちいち調べなければならないじゃないか!
   「東部」って、三島市、沼津市、富士宮市、富士市、御殿場市などのようだ。
   だったら熱海にはそれほど影響がないんだなと。
   期待していたので、ちょっとガッカリ。(笑)

   チリの詩人 パブロ・ネルーダの詩集を1・2篇読んでネルーダと言って寝た。
    
         
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事