癒しの森 湯布院  (生き神様継承修行センター)


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO580・・・仙人の独鈷杵

2018-08-22 | ヒーリング

仙人の独鈷杵

 

私、自称仙人は、若い頃から霊性修行を目指し、波動ブームの頃、波動測定機による結果が毎度違う事に疑問を持ち、オペレーターの心の持ち方や潜在意識によって違うのではと精神を統一するためにインドに渡りました。それから18年間で58回インドや東南アジアの秘境を訪れ、ヒマラヤのバラモン教のプリーストの一門の長と5年間修業しヒマラヤン、バラモン教の7人目のプリーストに認められ、日本で云うところの護摩焚きも出来る祭司となったのです。

 

 

同時に、一つの法則によって宇宙は形成されている事に気づき、今日まで山に籠り修行を重ねるとともに、縁がある人に教えを授けて来ました。人に教えるのも真剣勝負であり、神を相手にしていますので、いい加減な教え方が出来ないゆえに悩んでいた時、ふぅ~と考えが湧いて来るようになったのです。

 

 そして、それからは行に必要な秘伝の教えや必要な物や秘伝を継承している人とも縁が結ばれるようになって行きました。物や教えの中には、この世の常識では到底理解が出来ないものもあり、一部の人には混乱を与えるかも知れない事を念頭に購入するかどうか考えて下さい。

 

 

宇宙神と繋がるには法則通りに行わなければなりません。独鈷杵は宇宙神と繋がる為の法具としてチベット密教の僧や真言密教の空海さんに寄って広まりましたので、多くの人にはご理解頂ける法具だと思っています。また独鈷杵(とっこしょ)は宇宙エネルギーを増幅して体内に引き寄せる法具ですから、作法通りに行わなければ効果は期待できないのです。

第三の目と百会のツボから浄化中。独鈷杵を第三の目にエンジェルスティックを百会に当てて氣を送っていますが、第三の目にエンジェルスティックを当て百会(天辺)に独鈷杵でも良いし、両方とも独鈷杵でも良いしエンジェルスティックでも良い。 

 

法則とは、丸い方を下にして右手の真ん中に当てます。そして中ほどを3本指で軽く傾かない程度の力で握ります。3本指とは、親指・中指・薬指の3本で絶対に人差し指を使ってはいけません。人差し指は火のエネルギーを持っていますので、せっかく集めたエネルギーを燃やしてしまうからです。

 

 

それが出来ましたら尖った方を真上の天(神)に向けて下さい。その状態で開いた左手の上に軽く右手を乗せ丹田(臍の下9cm)の前に持って行きます。姿勢は胡坐でも正座でも良いのですが仙骨は必ず曲げず真っすぐ立てて楽に座って下さい。意識(思う事)は絶対丹田に置かなければ氣は上に上がり頭の中の邪気は取れません。

 

 

良く第三の目に集中して瞑想すると教わりますが、これはあくまでも体内に悪霊がいない上級者が行う瞑想法ですから、絶対やってはいけません。ブッダやキリスト等の生まれつきの天才の方は飛び越した教えを行うであろうし、集まって来る人もエリートの方々だったと思います。

 

 

あくまでも私たちは、普通のレベルですから基本を必ず守らないと無駄な時間を過ごすことになります。これによって邪気が抜けて来ると気が出るようになります。氣を感じるには独鈷杵を握った指に脈動を感じる事です。ドコドコ感やジンジンした感覚や電気が走るような感覚です。それを感じだしたら、数を数えながら瞑想を続行して下さい。

 

 

治療は、その感覚を感じながら、丸い方で悪いところを赤くなるほどの力で擦って下さい。中にべっとりとして重たく感じる場所があります、そこが病気の根源ですから、反対の尖った方を適当に何か所も当て氣を10~30秒送って下さい。この独鈷杵のヒーリングは特に頭に効果を発揮しますので、何度も何度も頭の地肌を擦っては、刺して氣を送って下さい。不眠やうつ病の精神障害にとても効果が出ます。

 

 

他に姉妹品として、除霊する瞑想スティックやヒーリングスティックの天使の杖やエンジェルスティックがありますので、十分検討して今の自分に必要とするものを選んで下さい。先ずは自分を助ける事が重要ですので、人に行う事はやめた方が良いと思います。気功師やヒーラーの方は氣をつけながらどんどん使って喜ばれて下さい。

 

 

私の気功師とヒーラーの定義は、気功師は体操や自然の中のエネルギーを集めたり、自力で修行して得たエネルギーを使う人であり、ヒーラーは他力で神の恩恵でエネルギーを神の代理として使う人と思っています。ですから、ヒーラーの人には自分は凄いと思う人はいないであろうと思います。すべては神が凄いのであり、あくまでも神の僕(しもべ)です。

左は、首筋を擦っている。右は尖った方で瞼の上に氣を送っている。下は湿疹があるので擦った後尖った方で氣を入れている。

 

お知らせ!

エンジェルスティックは順調な生産の目途がついたら発売予定です。独鈷杵や天使の杖を持っている方で改造を望む方は検討中です。頭の丸い珠を特殊金属で作り、法物を入れるようにネジ式を考えています。改造の工賃は1本2万円(法物なし)になりそうです。改造日数がかかりそうなので下取りも考えています。エンジェルスティックは龍の粉・ヤントラ・マントラを入れて98.000円になりそうです。当然全てにご入魂はします。

火とオイルと灰と祈りで入魂しています。右は丸い方を下に尖った方を天に向け瞑想。58.000円で斡旋しています。 

 

ブッダの像の前に独鈷杵やスティックを置き壺の上にはゴッドスティックを置き祈り込んでいます。入魂の方法はいろいろあり、その時にあった方法で行います。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« NO579・・・ヒーラーとは | トップ | NO581・・・霊障と悟り... »
最近の画像もっと見る