癒しの森 湯布院  (生き神様継承修行センター)


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO583・・・霊障と病気と悟り

2018-08-26 | 難病

難病を治すには、霊障を取らなければならい。悟りの境地に達するには、霊障を受けない思考と行動を行い、前世から引き継いだカルマの清算をしなければならい。難病を治すのも、悟りの境地を得るのもやる事は全く同じであります、今、病気の人は一気に悟りを求めるのでは無く、病気を治し、次に悟りを考えるべきでしょう。

ライオンの生の手首。これをオイルに浸けています。ライオンはカーリー神の乗り物で、ライオンに乗ってアスラー界に行き悪魔退治をします。

 

 

悟りを得るには、もちろん思考や行動が大事であるが、瞑想も必要でありますので、瞑想が出来る精神状態が求められるのでありますから、精神的悩みの病気の方は、先ずは瞑想が出来る精神状態をつくるべきでしょう。その他の病気の方は、瞑想しながら病気を治しつつ、悟りを目指すことは可能でありますから、瞑想をしなくてはなりません。

 

 

では、霊障はどのようなメカニズムにおいて起こるのでしょうか?当然今生で行う思考や行動において受ける原因をつくるのでありますが、それのような思考や行動を起こさせる原因は、自分の意思とは別に、自分が知らず知らずのうちに動かされていることを、まず理解しなければならないのです。つまり、今貴方が吐き出したネガティヴな言葉も行動も、全ては神が起こしているのです。

 

 

貴方があの時、こうすれば良かった、あ~すれば良かったと後悔しても、そうさせたのは、自分の意思だけでは無く、多くは神の意思で起こされた事であり、その神の意思は、過去世から引き継ぎ採点された結果において起こっていると言う事になります。これをカルマの清算といいます。ので、まずはカルマの清算をしながら、良い採点を頂けるように毎日を過ごさなければならないのです。

インドでは、大きな木には聖霊が宿るので100年以上の大木も神です。

 

あなたが、マイナスの考えや、ネガティヴなエネルギーを相手に振り向ける行動を起こせば、新たなカルマが発生します。貴方が発した言葉や行動は、相手にも届くが自分にも返って来るからです。そして、そのような全ては潜在意識に刻まれて行きます。潜在意識とは、神と繋がる深層意識ですから、あなたが思ったように現実化するのです。ですから、神は万能と言われ、神は、貴方が思う様な方向に道引いてくれるのですから、偉大であります。

 

この潜在意識と繋がっているのは、目に見えない微生物であり、多くの微生物は大腸内を住処にしています。貴方が腐敗した物で命に係わるようなものを口にしたなら、吐き出す行為が始まります。これは貴方が考えて行ったのでしょうか?違いますよね、無意識で行っているはずです。この無意識も神なのです。やや腐って命に別状がない物は、中に入り大便として外に出すようになっているのですが、それを好む微生物が大腸内にいますと、出さない様に取り込みを始めます。この微生物は、アスラー界に支配された微生物と思ってください。

 

これは食べ物だけから入るのではなく、発した言葉のエネルギーも相手から思われる意思のエネルギーも憎まれるエネルギーも妬みのエネルギーや大気汚染のエネルギーもあらゆるエネルギーが含まれています。相手が自殺する前に「末代まで恨んでやると」の原因を先祖が行っていれば、その成仏をしていない霊は浮遊霊となり、常にあなたに災いを差し向けるでしょう。

ミャンマー国境をまたぐ村の村長さんです。秘伝を探しにナーガランド州にも行きました。

 

 

その浮遊霊は大腸内の微生物と意思の疎通が出来ますので、仲間である悪玉菌を増やそうとするのです。ですから、食べ物を腐りやすくして、中に入れようとします。また、悪玉菌の餌になる物を食べさせようとします。肉や砂糖等を消化できないほど食べさせようとします。失恋させて食べらせようとします。反対に拒食症にして善玉菌に餌を与えない様にします。これは「肉を切らせて骨を断つ」やり方ですから、相当な恨みを買っている事が考えられます。これが肥満や拒食症の原因であり、その指令を行っているのは、自分では無く、悪霊が支配した脳内の司令塔と言う事になります。

 

ですから、悪玉菌の中の更に性質が悪い霊障菌が腸内だけに留まっている場合は、大概の病気は精神より肉体に多く現れます。ので、腸内の霊障菌を追い出しながら、肉体と繋がっている九窮(きゅうきょう・九つの穴・目が二つ・耳が二つ・鼻が二つ・口・尿道・肛門)から追い出す治療法を行いますが、その穴から出ようとしている時に、抵抗して起こるのが、鼻の病気であったり、目・耳・口・尿道・肛門に関する病気で霊障病と言う事になります。

 

 

血液脳関門バリア(低分子なフィルター)を突破し、脳内まで感染したら脳内に届くウイルスを作り、脳内に届けなければ完治は出来ません。が、血液脳関門バリアーはとても低分子な濾過紙のような構造になっていますので、通過できるものは、酒、たばこ、麻薬、ブドウ糖、トリプトファンから出来たアミノ酸だけなのですが、バリアーがしっかりしていないと、やや低分子のウイルスに侵入されます。この病気が子供の時に発症する脳髄膜炎などです。

 

最近の研究発表によりますと、認知症も脳内に侵入されたアルミニウムやアルマイトの金属にフッ素が加わった物質に侵入された結果だそうで、それをやっつけるウイルスは試験管の中では成功しているのですが、脳内にいれるのに苦労しているようです。が、悪霊菌は侵入出来たわけですから、それの神様の微生物を作り脳内に入れれば治ると言う事になります。

 

この考えは、医学の考え方で、本当にウイルスだけの力で侵入出来るのでしょうか?これを考えるのが霊性修行とヒーリングの効果を発揮させる源だと思います。私が言いたいのは、ウイルスだけで無く、そこには想念や考え方が関係していると言う事です。同じ食べ物や環境で生活しても、水虫になる人もいればならない人もいます。

 

同じアルミニウムの鍋とフッ素加工されたフライパンで作った食べ物を食べても、認知症になる人とならない人がいます。ゆえに認知症の原因は推論であり、確定はされないのです。これはサプリや漢方薬にも云えるのですが、同じ症状を訴える人に同じ漢方薬を与えても、全員同じ効果は出ません。が、科学合成品の新薬は、意思に関係なくすべての人に同じ効果が出るから、医薬品と認められ保険適用されるのです。

ナーガランド州の秘境の貧しい町の風景です。

 

 

もうお分かりと思いますが、脳内の霊障菌も人の想念によっても作られるし、想念によって脳内に侵入するという事ですから、神に近づける微生物を大腸内につくるのも、低分子の微生物と想念の合体において出来ると言う事になります。人間はマイナスな事を考えるは、努力しなくても出来ますが、プラスの言葉や行動を起こすのは、相当な訓練と努力をしなければ出来ません。ですで、病気を創る事は簡単ですが、治すのは難しいのです。

 

「神は病気を創る事も出来るし、治すことも出来る」と言います。し、神は万能だから神にしか出来ないと言います。病気を創る、つくるの字は、創造の創を用います。つまり、自分が想像した結果が病気なのですから、治すのは、神である自分が創造の歪みを変えなけば治らないと言う事になります。ですから、病気を創るのも治すのも神(自分)しか出来ないと言っているのです。

 

しかし、既に前世や先祖のカルマで生まれて来た人にいくら説いても出来ないのです。瞑想をしなさいとアドバイスしても、出来るわけないのです。頭が朦朧とし痛いのに出来る分けないのです。ですから、微生物を与え、神の雫である神のエネルギーを悪霊菌を発生させる(無のエネルギーから有の微生物を創る)大腸内に手を当て注ぎ込まなければならないのです。これがヒーラーの仕事です。

 

 

悲しい事や人を恨む事や嫉妬心を悪霊菌は好みます。反対に神に近い菌は、未来志向や人が喜ぶことを行う事が大好きです。見返りを求めないで、奉仕することが大好きです。神が喜ぶことをすれば、善玉菌の中の最上位にいる善玉菌は喜び繁殖するのです。この見返りを求めない行為を行う事が出来る人はヒーラーでもありません。我が子が病気なら、親の子を愛するエネルギーに勝る人はいません。親の愛は海より深いと言われるゆえんです。

 

ですから、ヒーラーや神にアドバイスを頂きながら、親の愛と云うエネルギーを使いヒーリングして下さい。親と子が反対でもしかりです。私たちヒーラーはそれを手助けする、ヒーリングステッキや霊障抜きのゴッドスティックのご紹介すことしかできないのです。

 

 

あくまでも神はその人なのです。最後に長期醗酵酵素は「輝源」しかありません。が、大腸内の霊障菌を死滅させる善玉菌を創るには長期間熟成しないと出来ないのです。それをお金がかかるから嫌だと言う方は、長期熟成して漬物や味噌、醤油を使って料理して下さい。昔なら大気汚染も農薬の害も放射線も白砂糖も無かったので、醗酵食品は少し良かったのですが、大量に朝昼晩食べらせて下さい。

 

 

それと、大腸内の微生物菌には大きくわけて4つあると言う事です。善玉菌と悪玉菌はあくまでも50:50で存在します。のでいくら乳酸菌を与えても善玉菌が強くなるが、悪玉菌の中の霊障菌を殺す力はないし、神に近づける低分子の善玉菌を創る事は出来ません。つまり4段階あると言う事になります。ので、アスラー界とつながるのが悪玉菌の中の最も性質の悪い悪玉菌です。神と繋がる仲人をするのが善玉菌の中の善玉菌です。これを増やすには、長期熟成して酵素ができた漬物などと云う事になるのです。

 

脳の病気で妄想など起こりますと、外の世界のアスラー界に支配されています。反対が神の世界に繋がった悟りを得た人です。ので、悟りの境地に達するには、霊障があっては無理だと言う事になります。

首狩り族の村にも行きました。牙はお守りで皆下げています。ブログランキングに参加しました。良かったら下のバナーをポチっとお願いします。励みになります。特に右の日本ブログ村(代替療法)をお願いします。今5位です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« NO582・・・ヒーリングとは | トップ | NO584・・・輝源について »
最近の画像もっと見る