癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO414・・・一日一食

2021-10-26 | 悟り

ヒマラヤの奥地では1日1食 

米が年に3度もとれるのに、米は早死にするといって、水でふやかしただけの稗(ヒエ)をバナナの葉の上に盛って、手でしゃくって食べるだけ。これが主食。おかずはイモやゴボウのゆがいて山塩をぶっかけただけのもの。山へ入ったら果物がタワワに実ってるので自由に食べられる。

みんな筋骨隆々として丈夫な体なんだ。人間はこういう食い物で生きるのが本当なんだと思った。悟らされた私は、どんなにべっぴんさんが来てすすめたって肉は食いませんよ。

 

なんで米は早死にするんだろう?玄米じゃなくて白米のことかしら?

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NO413・・・肉食の害 | トップ | NO415・・・唾は万病の薬 »
最新の画像もっと見る