おやじのつぶやき

おやじの日々の暮らしぶりや世の中の見聞きしたことへの思い

JR武蔵野線「新座」駅~東武東上線「川越」駅。その2。(「川越街道」第2日目。)

2019-01-10 19:39:03 | 川越街道
                                  大井宿・新井本陣跡「解説板」。
大井宿と本陣
 大井宿は、川越街道の6宿場のうちのひとつとして、江戸から約8里、川越城大手門(現川越市役所)から2里半の道程にありました。江戸時代以前の大井宿は大井郷と呼ばれ、川越街道より東方の現在の東原小学校を中心とした「本村」などの地名のところに集落があったことが発掘調査により確認されています。
 江戸時代に入り、川越街道の各宿場が整備されるに従い、この集落が街道沿いに移転させられ、寛永期ごろにはほぼ宿場の街並みができ上がったものと思われます。その後、元禄11年(1697)にはそれまでの旗本米津氏の知行地から川越藩領となり、大井村から大井町(宿)の呼称へと変わっていきました。
 江戸中期の宝永2年(1705)の「大井町明細帳」には、家数94軒、人口479人(男257人・女217人・僧3人・道心2人、このうちに米・酒・塩・小間物などを扱う商人が5人と桶屋1人がおり、また馬が60疋いると記され、宿場としての賑わいが感じられます。
 諸大名や幕府の役人の宿所である本陣は、代々名主役と兼帯で当所の新井家が勤めました。本陣には問屋場もあり、大井宿における公用の伝馬と人足を手配し、荷物や人の継ぎ立てをおこなっていました。継ぎ立ての賃金は、公用の人馬は6人と6疋(のちの天保12年には13人・13疋)までは安い「御定賃銭」で、一般の人々はこの倍の値段の「相対賃銭」でした。
 川越藩主の参勤交代などの通行では、江戸に近いため川越街道の宿場で宿泊することはなく、大井宿本陣においても小休と人馬の継ぎ立てだけがおこなわれていました。川越街道の交通量は次第に増えていき、旅籠屋・茶屋として河内屋・柏屋・うどん屋・中屋、木賃宿では中島屋がありました。明治維新後は公用の継ぎ立てはなくなり、一般の人々の通行で旅籠や茶屋が賑わいましたが、明治14・15・25年の3度の大火にあい、街並みはほとんど焼失してしまいました。

沿道のおうち。

 「大井宿」に入り、「大井橋」と表示が出ている下には「砂川堀」。

 現在は、この付近では暗渠(下水路)となっています。右下を覗くと、遊歩道になっていて、窪地が東西に続いています。東側に降りて行くと、「大井」という地名のもとになった「大井戸」が復元されています。
 復元された資料を見ると、形式は、「まいまいず井戸」のようです。これは、かつて武蔵野台地で数多く掘られた井戸の一種で、東京都多摩北部地域から埼玉県西部に多く見られます。
 すり鉢状に掘り下げ、すり鉢の底の部分に井戸を掘る形式で、すり鉢の内壁には螺旋状の小径が設けられ、利用者はここを通って井戸に向かいます。

注:「まいまい」はカタツムリの事で、井戸の形がその殻に似ている事から「まいまいず井戸」と呼ばれています。
  「まいまいず井戸」は古代から存在し、武蔵野の歌枕として知られる「ほりかねの井」(堀兼之井、堀難之井)がこれを指している。
いかでかと思ふ心は堀かねの井よりも猶ぞ深さまされる(伊勢)
はるばると思ひこそやれ武蔵野の ほりかねの井に野草あるてふ(紀貫之)


(12:06)「理容店」脇に「従是川越迄二里十八丁」と書かれた標柱。
1867年作製の「大井町絵図面」には、本陣の脇に高札場が描かれています。江戸時代の宿駅の高札場には切支丹禁令をはじめとする高札などの他に、駄賃と人足賃及び次の宿までの
里程を記した高札が掲げられていました。大井宿の高札場と考えられる場所には、「従是二里十八丁(約10キロメートル)と記された柱が立ち、ここが宿場町であったことを思・・・。

この付近のようす。

その先に「新井本陣」跡。

                        
                    2017年5月に建物を利用して「カフェ」を開いたそうです。人気なのか、けっこうな車の数。

(12:17)「大井小学校」のところには、「旧大井村役場」。

                          
旧大井村役場
 この建物は、昭和12(1937)年に大井村役場庁舎として建てられました。寄棟(よせむね)形式の2階木造建築・のべ床面積は196.24平方メートルで、外壁はモルタル施工されています。飾りの少ないシンプルな外観は木造洋館風の建物で、当時の官公庁舎で数多く用いられました。川越街道に面した正面入口を入ると、1階正面がカウンターごしに事務室、左には村長(町長)室がありました。2階には議場・議員控室などがありました。1階南側には和風につくられた付属室があり、用務員室・宿直室になっていました。昭和46年12月まで大井町役場として使用されていましたが、その後は東入間警察署・大井小学校・大井町教育委員会が利用していました。昭和初期の官公庁の建造物が次々と姿を消していく状況にあって、川越街道沿いでは唯一残されているのがこの旧役場庁舎です。外観上、一部に手が加えられているものの、基本的な構造など建築当時のものがよく残されていること、数少ない官公庁の木造建造物であることなどにより、平成14年2月14日に国の登録有形文化財になりました。

(この項、「ふじみ野市」HPより)

 旧道は国道から分かれ、左手の道を進みます。
 

交差点に大きなエノキが何本か。どれかが一里塚上に植えられたエノキのようです。
 
 エノキは、江戸時代に主要街道の一里塚が整備された際に、多く植えられました。エノキは成長が早く枝を繁らせ、よく根を張るので塚の土盛りが崩れるのを防ぐということで採用されたようです。
参考「日光御成街道・下野田の一里塚」。

車の量も少ない道をのんびり。

                        

 (12:28)右手に常夜燈が建っています。柱の正面には「奉納 阿夫利神社常夜燈」、左面には「大山 武蔵野地蔵 ところさわ道」とあります。
 

                                 

解説板。「角の常夜燈」。
 神奈川県丹沢山地の霊峰大山の阿夫利(あぶり)神社への参詣旅行のときに、亀久保村から最初の曲がり角に建てられたのでこの名前があります。江戸時代後期の享和2(1802)年に建てられ、明治30(1898)年に笠石と台石が再建されました。左側面には「大山 武蔵野地蔵(むさしのじぞう) ところさわ 街道」と刻まれ、川越街道から所沢方面に分岐し、三富(さんとめ)開拓のために開かれた地蔵街道が大山に向かう道として使われたことがわかります。

和食のお店「美可美」。こんもりとした林の奥に。(こちらは店の裏側? )

旧家の趣のおうち。

再び国道に合流します。

(12:41)その手前、「亀久保神明神社」の西側に馬頭観音。
ここにも大和田宿の「鬼鹿毛伝説」にちなむ伝説があります。

国道沿いのお店に入り、ようやく昼食休憩に。(13:11)そして、再開。
ジャンル:
ご近所ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« JR武蔵野線「新座」駅~東... | トップ | JR武蔵野線「新座」駅~東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

川越街道」カテゴリの最新記事