おやじのつぶやき

おやじの日々の暮らしぶりや世の中の見聞きしたことへの思い

向島百花園。ハギのトンネル。秋の七草。「お好きな服は」。もっこく。侘助。彼岸花。・・・

2022-09-19 19:48:38 | 向島百花園

秋の七草。

       萩、女郎花、藤袴、薄、桔梗、・・・

     ききょう。

ふじばかま。

すすき。 

                    

「お好きな服は(おすきなふくは)」。秋の七草の覚え方。

おみなえし、すすき、ききょう、なでしこ、ふじばかま、くず、はぎ。

園内の至る所に萩の花が咲きそろう。

     

            

萩のトンネル。

            

             

白い花の萩。

            

スカイツリー。

秋めく園内。

もっこく。

侘助。

ツバキの一種。小形で赤い一重の花が、八分ほど開いてぽとりと落ちる。茶人に好まれ、茶道の茶室に飾る、「茶花」の代表的な存在。

じんじゃー。

ジンジャー」は 「生姜(しょうが)」の英名。 白い百合(ゆり)のような色の 花の様子から 「ジンジャーリリー」と呼ばれ、 しだいに「ジンジャー」に 短縮された。

彼岸花=曼珠沙華が。

             

日本列島では水田の畦や墓地に多く見られ、人為的に植えられたと考えられている。その目的は、畦の場合はネズミモグラなど、水田に穴を作り水漏れを起こさせるなど、水田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ようにするためとされる。墓地の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって荒されるのを防ぐためとされる。モグラは肉食のためヒガンバナとは無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まないために、この草の近くにはモグラが来ないともいう。(「Wikipedia」より)

※彼岸花の別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味。おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。サンスクリット語ではmanjusakaと書く。

赤い花なら曼珠沙華 阿蘭陀屋敷に雨が降る
濡れて泣いてる じゃがたらお春
未練な出船の ああ鐘が鳴る ララ鐘が鳴る(「長崎物語」)

年寄りには、上の歌詞が印象的ですが、山口百恵の「曼珠沙華(マンジュシャカ)」(作詞:阿木燿子,作曲:宇崎竜童)の方が、なじみ深い人も。

                

とさかけいとう。

向島百花園には、いつ来ても新たな発見があります。

鷺流狂言師 矢田蕙哉(けいさい)翁句碑。

      花暮れぬ 我も帰りを 急(いそご)うずる


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 向島百花園。ハギ。その前に... | トップ | 秋分の日。秋の彼岸(ひがん... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

向島百花園」カテゴリの最新記事