まち・ひと・くらし-けんちくの風景-

建築設計を通してまち・ひと・くらしを考えます。また目に映るまち・人・くらしの風景から建築のあるべき姿を考えています。

宇都宮の大谷石建築

2016-10-17 10:28:42 | 建築まち巡り大学院視察

前の記事

記事一覧

次の記事

 

宇都宮の

の歴史文化を研究しているOさん、Iさんの勧めでまちの大谷石建築を見て歩きました。

松が峰教会。大谷石のロマネスク建築。

中も外も大谷石です。

 

ついでにお向かいにも大谷石の飲食店が・・・。

町を歩いていると青源みそ蔵。

聖ヨハネ教会。

ちょっと足を伸ばすと、今何かと話題の隈さんの駅と駅前の地域施設。

食堂もあります。

大谷石といえば採掘場。古代劇場の趣・・。

高谷時彦記20161017

記事一覧 設計計画高谷時彦事務所へ

高谷時彦記 

Tokihiko Takatani 

Architect/Professor

Takatani Tokihiko and Associates, Architecture/Urban Design, Tokyo

Graduate School of Tohoku Koeki university ,Tsuruoka city, Yamagata

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇都宮では大谷石蔵で意見交換会 | トップ | 県立美術館は清新なままの印象 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築まち巡り大学院視察」カテゴリの最新記事