意識の改革とOnly尾崎豊

意識を改革する尾崎豊に関する内容のブログ

10月30日(水)のつぶやき

2013年10月31日 04時41分58秒 | 11yutaka_ozaki2まとめ

わかり合うことについて、わかってほしいけれど、淋しい思いをさせてしまうだけかもしれない……わかり合えなくて。(真空の中でも嵐は起こる:リンダ)


すり変わってゆく現実との はざまに描いた夢が 愛を傷つける 暮しはただ 街明かりに照らされ 何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに 消えるのは何故


こんなに愛してるから 俺から離れないで


シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮らしさ 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる


心の弱さの逃げ道に罪を犯した俺は 捕えられ 牢獄の重い扉の奥で息をひそめた そして裁判の後 俺は手首ナイフで切り付け 気がつけば病院のベッドの上薬漬けにされた あぁ教えてくれ 俺のどこに間違いがあるのか 街の冷たい風から逃れて生きてきただけなのに


失望という言葉を抱き締めて、自分の弱さに、人を愛することや死ぬことの意味を探ってみた。そして、時間が自分の体とどれ位のリズムで調和するかを掴んでいる間に、思い出したり、嘆いてみたり、新しいものにかき消されたり、そんなふうにして震えていた(真空の中でも嵐は起こる:本能わずかな純情)


なけなしの金のためのアルバイト 楽しくやるには この街では金だけがたよりだよ


満員電車に押し込まれ 言葉さえなくした Strange boy 何がどうなろうと 誰にもどうにも出来ないみたいさ セーラー服のLittl girl小さな躰もみくちゃにされ それでも夢見てるの 失う事ばかりなのに


諦めてしまうことが出来たら楽かもしれない。愛や平和が奪い合うことに始まるこの世界の中では、諦めたら死んでしまう。愛と平和と欲望とが交じり合い、回っている。朝をこぼした鏡の前で、彼は、愛するものがあれば救われるかもしれないと思った。(真空の中でも嵐は起こる:本能わずかな純情)


教えて明日を呼ぶ声の意味を だけどただ眩しさの中 意味など見つからずに


ポケットには別れた家族の写真がある 皆で笑い俺は兄貴に肩を抱かれてる その写真をながめる度 分けあった訳の中に それぞれが選んだ生き方を思い浮かべてみる 人生はいつも誰にも冷たいものだから 捨ててしまうことの方がきっと多いものだから


この街じゃ俺達 まだまだ世間知らずさ 情熱は空回りの 把みどころのない影 走り出してはいつも 路頭に迷い込んで 把むものも何もなくて はじまりさえ歌えない俺がいる

1 件 リツイートされました

金が欲しい。そんなふうに呟く人間が、この瞬間でさえ山ほどいるだろう。タフにならなければ…… (真空の中でも嵐は起こる:ギザギザのツメ)


とりとめがない。まぁ、ゆうべもとにかく生きていたにはいたけれど、おかしなもんだよ……まぁ、いいか…… 昨日までの自分が、今の自分と一致しないことがある。誰と張り合うつもりもないんだよ。ただ、俺はいつでも楽しくやりたい。(真空の中でも嵐は起こる:耳鳴り)


本当の意味がわからない 君が祈ると言ってくれたよね おかげで今でも信じるだけで……幸せさ


静寂の中の響きに体休み無く 心の傷みを蹴飛ばしながら暮らしてる Love Way Love Way 貧しさの憧れに 狂い出した太陽が 欲望の名を借りて何処までも果てし無い


誰かが壁に歌を刻み込んでいる 風がそれを歌ってる 街では 色あせた心の影が 君の中で迷ってる 何を話せばいい 僕はあの頃より 少し大人に 憧れてるだけさ


彼は、舗道を歩きながら、車のクラクションや、人声や、靴音や、彼をとり囲むすべての音の中で、いつも呟いていた。 何なんだろう、俺は 彼自身には、見えない君の見えるもの、それに合わせることが、きっとコミュニケーションなんだろう。(真空の中でも嵐は起こる:リンダ)


冷え切った風が、彼の体のすみずみに吹きつけ、すり抜けていくと、彼はこの街にたった一人、取り残されているような気分になった。寒空に一つ、同じように取り残された、白く光る街灯が、彼には、やさしかった。 負けないで って囁く、彼女みたいだった。(真空の中でも嵐は起こる:発火点)


部屋のポスターは、いつものポーズで彼を見ていた。1枚に2ヶ月分、印刷してあるカレンダーは、まだめくる必要のない分だけ距離を感じさせたし、今日一日が、まるでちっぽけだというように、カレンダーには日にちが、有りあまっているように見えた。(真空の中でも嵐は起こる:発火点)


とりとめのない、毎日に退屈している。ポケットの小銭が全財産なんだ。ろうそくのような、ネオンの街をさまよい、抱きしめようとしては、いつも淋しい思いをした。(真空の中でも嵐は起こる:耳鳴り)


一晩中僕らは 恋のゲームに酔いしれて 次の朝には甘いコーヒーで目を覚ます ねぇ 覚えているかい 昨夜の約束 そうだね今夜また君に会えそうさ


今日が終わって迎える明日のための 答えはまだ何も出されてはいない ああ僕は明日を信じて生きてゆこう 急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう

1 件 リツイートされました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10月29日(火)のつぶやき | トップ | 10月31日(木)のつぶやき »