晴れたらいいね♡

温泉が好き。山に登った後の温泉は、もっと好き。食べることも、だぁ~い好き。

井伊家ゆかりの地、鳳来寺山へ

2017-10-28 18:35:13 |  山歩き
10月 26日 (木)

秋の長雨が続く中、ようやく晴れ☀️の天気予報。
山の会B(男性2人・女性6人)で、愛知県 奥三河山系の鳳来寺山へ行ってきました。

ルート



隣町の市役所6時集合 出発

7:45 門谷駐車場 着。



8:00歩き始め。
古い民家は、オシャレなカフェ。



お遍路さんを完歩したリーダーは、今日は、この様な出で立ちで、若山牧水さんと肩を並べる。



松尾芭蕉さんも、



お出での地。




8:10 表参道登山口



樹齢数百年という杉が立ち並ぶ中、ここから1425段の階段が始まる。


石仏が点在する。
歴史を感じながら厳かな雰囲気の中を歩く。



8:15 仁王門



仁王さま、お邪魔します🙏



「傘杉」樹齢800年、高さ60m。



幹の上の方が四方に広がり傘をさした様に見える事から傘杉と呼ばれる。



はじめは緩やかだった階段が次第にキツくなってくる。




8:45 鳳来寺 本堂 着。


本堂は、まだ閉まっている。

ここ鳳来寺は、子宝に恵まれると信仰されている。



大河ドラマ「直虎」でお馴染み、虎松が今川氏に命を狙われた時、殺生禁止のこの寺で14歳までを過ごしたそうだ。



東屋でひと休み。今日は、観光気分の山歩き♪

東屋の柱が額縁のようになって、その向こうに奥三河の山々が広がる。紅葉の時期は、綺麗だろう🍁紅葉祭りは、11月10日からだそうだ。




8:55 本堂裏の階段から、山道を登る。



「タムラソウ」
トゲのないアザミ科の花。私もそういう人間になりたい。



キツくなる登りに、無口になる。




黒部の水平歩道を思わせる道が、10mほど続く(笑)



9:20 不動堂



9:25 奥の院


一部を残して殆どがなかった。



少しだけ紅葉🍁





9:45 鳳来寺山 山頂。





なんの眺望もない。眺望が良いという、ここから10分ほど先の「瑠璃山」を目指すが・・・



瑠璃山は、どこだ?なんの標識もない。



さっき通り過ぎた、この階段の上にある、



ここが瑠璃山か?



Oさん1人が登ってみたけど、何の標識もない。

まぁ、いいよと、先へ進む。




11:00 「鷹撃ち場」🦅


鷹はいなかったが、トンビが飛んでいた。

300度の眺望。奥三河の山々が見渡せる。


ここなら、鷹を撃つのにもってこいの場所だ。


鷹撃ち場で、昼ごはん🍙



私は、何を頬張ってるんだ?(笑)



11:50 出発前に記念撮影📷




蓬莱山東照宮が見えてくる。



12:15「鳳来山東照宮」
日光・久能山と並ぶ三大東照宮だ。



ここには、「出世(出征)狛犬」なる物がある。





弾除けのお守りにと削られた2代目狛犬が横に並んでいる。初代狛犬は、まぁるい石の塊になっていた。





本堂に飾られている「寅童子」は、ハロウィンのカボチャ🎃の様な色合いに見える。


Iさんは、御朱印を書いてもらった。



12:30鳳来寺へ戻って来た。


観光客で賑わっている。



帰り道は、ここから「馬の背展望台」へ。
石仏が並ぶ道を歩く。


みんな対になっている。



「馬の背展望台」が見えてくる。



12:55「馬の背展望台」
今にも崩れ堕ちそうな東屋だ。


「今日は、1日よく晴れたね〜」と、久しぶりの青空をしみじみと眺める。



再び下山。荒れた山道も、皆さん難なくこなす。




馬の背展望台と表参道の分岐。



13:30 仁王門へ戻って来た。



13:40駐車場 着



やぁやぁお疲れさま✋。
でも、まだ早くない?
もうひと山行けそうな雰囲気



立ち寄り湯は、湯谷温泉♨️
宇連川沿いにある「ゆ〜ゆ〜 ありいな」
610円なり。



露天風呂で、身体を伸ばす🙌
うう〜〜ん、いい気持ち♡
山の後の温泉は、最高
カルシウム ナトリウム塩化物泉♨️




17:00市役所 着。解散



介護で軟禁状態だった私に、3カ月の執行猶予が出た時、真っ先に思ったのが「そうだ!山へ行こう❣️」

白峰三山縦走以来の山歩き。
5時間半の山行は、ちょうどよい足馴らしとなった。

清々しい青空の下、久しぶりに山トモさんたちとおしゃべりに花を咲かせて楽しく歩く事ができた。

母に後ろめたい気持ちがあったけれど思いきって来てよかった♡

どこかの山小屋の手ぬぐいにあった。(前にも書いたけど)

「泣きたい時は、山に来い!」

はい、また行きます⛰



⛰ おしまい⛰
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 意気地なし | トップ | 有馬温泉〜金泉・銀泉〜 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まもなくドラマが始まるので (Sora)
2017-10-29 21:21:12
久々に登れてよかったですね(^^)。

低山ですが、さすが徳川様のおひざもと、歴史もいわれもあって、楽しめるじゃないですか。今はむしろこういう低山の方が、体調を気力を整えるにはいいかもですよ。

>トゲのないアザミ科の花。私もそういう人間になりたい~
そうなんですか(笑)。 思っていることをそのまま口に出してしまうだけでしょう。イケズだとは思わないですが(^^)。

お弁当も相変わらず、豪勢ですね。手が込んで。おにぎりが2種類もあるじゃないですか。

>私は、何を頬張ってるんだ?(笑)~
ほんとですね。お腹が空いたので、おにぎりを2個いっぺんに食べようとしているんじゃないですか。

さあまもなく台風も過ぎますし、また次の山を思い浮かべながらがんばりましょうか。
soraさんへ (jun)
2017-10-30 19:59:46
こんばんは^ - ^

〉今はむしろこういう低山の方が、体調を気力を整えるにはいいかも〜
ですねー。確かに気力を整えてきました。心のリハビリを出来る術を身につけておいてよかったです。やっぱり山はいいですね♡

>思っていることをそのまま口に出してしまうだけでしょう。イケズだとは思わないですが(^^)〜
朝ドラの、ごりょんさんの様にはズケズケと口に出しませんが、心の中で、軽口を叩いてしまい(黙れ、ババアとか)心の中にトゲがあります(笑)

お弁当を褒めていただき、ありがとうございます。前日の晩ご飯の残り物です。残り物をタッパに詰めて冷蔵庫に入れておいて朝、出すだけです。

>おにぎりを2個いっぺんに食べようとしているんじゃないですか〜
見てました?(笑)
私がよく食べるので、「いつも美味しそうに食べるわね。うらやましい。」と、言われます。山へ行くと炭水化物が無性に食べたくなります。この日、パンを3個、おにぎり2個、柿の種を2袋、カロリーメイト(液状)を1パック食べました。エネルギーを補充しないと筋肉のタンパク質を使い、脚が攣りやすくなるそうです。でも、低山なのに食べ過ぎですよね。

「山女日記」見ました♡常念岳までのルート、素敵な山道でしたね。また色んな人生を背負った山女たちが出てきましたね。次は、大天井岳から燕岳なので、とても楽しみにしています。

台風も過ぎて、しばらく よいお天気が続きますね。
〉また次の山を思い浮かべながらがんばりましょうか〜
励ましのお言葉ありがとうございます。山へ行きたいところですが、夫が手薬煉引いて待ってるので、オートバイに付き合わなくてはなりませぬ(悲)
こんばんは (ひより)
2017-11-03 00:11:22
お母様はいかがですか?落ち着いてらっしゃいますか?
私も父をリハビリ病院へ預け、そのまま寝たきりにしてしまいました。病気だったので仕方なかったといえばそれまでですが、病院で辛い思いをしていた父の事を考えると、今でも心が痛みます。だからと言って、他に方法がなかったのですけどね。

ですからjunさんのお気持ちは、痛いほど良くわかります。

それでも、自分のことも大切にしないとですよね。
時々、こうして息抜きもしないと。
私の場合、ご存知のように、しょっちゅう息抜きをしておりました。でも父の事は忘れた事はありませんでした。いろいろ葛藤はあると思いますが、junさんは良く頑張られていると思います。
これからも、junさんらしく、山もドライブもツーリングも、そしてお母様の事も、全力で頑張って欲しいと思います。応援しています!

明日はツーリングですよね。
気温は高めのようですから、良い一日になるといいですね。
どこへ行かれるのかなー?
レポ楽しみにしています!お気をつけて〜!!
ひよりさんへ (jun)
2017-11-05 14:43:50
こんにちは。返信遅くなりましたm(_ _)m
母は、相変わらずなかなか馴染めないでいます。

〉だからと言って、他に方法がなかった〜
そうなんですよね。誰も助けてくれないし、こうするしかなかったんです。ケアマネさんや相談員さんと話し合って決めた事ですから。現実を受け入れられないのは、母だけでなく私の方かもしれませんね。

入所してから、この山へ行った日と台風22号の日以外は毎日通いました。そして、毎日 文句を言われてました。施設の方も、「ご自分のことも大切にして下さい。」と、言ってくれました。施設が家の近くにあるので、どうしても気になって会いに行ってしまいますね。施設へ入れた罪滅ぼしのような気持ちで通ってしまいます。
でも、ここのところ、ちょっと限界。
だから、わたしもひよりさんの様に、母の事は忘れずに息抜きします。おっしゃる通り葛藤の毎日ですが、これしか方法がないのですから、息抜きしながら、自分に出来ることを無理なく頑張っていきますね。
いつも応援、ありがとうございます。

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事