晴れたらいいね♡

温泉が好き。山に登った後の温泉は、もっと好き。食べることも、だぁ~い好き。

赤岳を、県界尾根で下る

2018-07-23 10:51:10 |  山歩き
(前記の続き)

7月 14日 (土)

赤岳山頂は、ガスがかかり景色は望めない。



15:25 早々に山小屋へ向かう。
あんなに苦労して登って来たのに、山頂にいたのは10分ほど。でも、いいんだ。真教寺尾根を登りきったことに満足している


「赤岳頂上山荘」ここは、予約が取れなかった。



下り始めるとガスが取れ、横岳への主稜線がはっきりと見えてくる。



振り返れば、阿弥陀岳への主稜線。



いつか八ヶ岳を縦走できたらと、思う



今夜泊まる山小屋「赤岳天望荘」が見えてくる。



ここからは、道がだいぶザレているし、クサリは役に立たないし、慎重に下る。

思ったより距離が長く、時間がかかる



16:05 「赤岳天望荘 」着



チェックイン

緑色のコップを渡される。このコップが、食事の時間を示し、食券となる。緑色のコップは、17時からの夕食だ。



赤岳天望荘 情報(2017年のだけど)



大部屋。一泊二食付き9000円なり。

寝る所は二段に分かれており、通路はザックで足の踏み場もない
私たちは、上段。上り下りする梯子が垂直で、使いにくい。


シュラフで寝る。


モンベルの。




17:00 夕食は、バイキング。(と、言っても8品ほど)

山小屋のスタッフさんが「たくさん食べて下さ〜い。」、と感じがいい



北アルプスの見える席で「いただきまーす!」


山小屋の食事としては、いいんじゃない?ご飯に芯があったけど、標高が高いから仕方ない。



18:30 女性の入浴タイム。天望荘名物の「五右衛門風呂」
標高2722mで、お風呂で汗を流せるなんて嬉しい


一度に10人くらい入れる。ちょうどいい湯加減
知らない者同士、口々に「はぁ〜♡気持ちいい〜♡疲れが取れるぅ〜♡」と、笑顔、笑顔

シャワーがひとつあり、出る時に洗い流すことが出来る🚿



山小屋泊の時、いつもは、汗拭きシートで拭き取るだけ。今日は、お湯に浸かり心も体もホッとくつろぐ


入浴後は、おのおの外へ出て景色を楽しむ

小屋前の斜面にコマクサ


ズーム❣️大きな株だ。



ウルップソウ。もう花茎が伸びて花の終わりの時期。



日没



赤岳と富士山



夕陽が北アルプスのシルエットを映し出す。



北八ヶ岳の向こうに、面白い積乱雲。ラピュタに出てくる龍の巣の様だ。



富士山が、夕陽に溶けていく🗻





翌、15日(日)

4時起床🕓

おはよう、富士山🤚



今朝は、ヤリの穂先もクッキリ⛰



4:30朝食



5:40 天望荘 出発。お世話になりました



下りは「県界尾根」を歩く。



ルート(青矢印を下る)



県界尾根のグレード

なかなかじゃん
真教寺尾根のグレードが書いてないのは何故?


さぁ、富士山の麓へ帰ろう🗻



昨日、真教寺尾根を下る人が、「県界尾根も負けず劣らずだったよ。オレは、県界尾根の方が大変だと思うな。」と、言って脅かしてくれた(・_・;

10分も歩くと、さっそく現れた‼️
足がかりの少ない急斜面の崩落部をトラバース



こんな崩落部が続くが、みんなそつなくこなして行く。


岩壁側に体重をかける様にして、足場を探して進む。




コイワカガミと、コメバツガザクラ



ザレた斜面をクサリで下る。



ほぼ垂直な梯子は、とても細くて心もとない。



こういったクサリ場は、得意になった💪
肩越しに足場を確かめて下ると、岩場と身体が、ちょうどいい間隔に保てる。



6:40 降り始めて1時間。
右が、昨日登って来た真教寺尾根。
左が、今日下る県界尾根。
2つの尾根がきれいに並んで見て取れる。



ザレたクサリ場は、続く。



シナノオトギリ



クルマユリ




7:30 大天狗


ここが、ちょうど五合目。



振り返ると赤岳が、クッキリと見える。



富士山



ゴゼンタチバナ




8:20 赤岳〜横岳への尾根が美しい。



歩いた道を、しみじみと皆んなで振り返る




8:40 小天狗



9:20 二合目。あと少しだ。



9:40 真教寺尾根との分岐



急に現れた清流に、思わず顔を洗うHさん、74歳。

私は、川へ降りて行く元気もなかった💧


10:00県界尾根登山口



アスファルトの道を歩いて、



10:25 無事下山




帰りの立ち寄り湯は、韮崎市にある、大村智博士がオーナーの「武田乃郷 白山温泉」

内湯



露天風呂


ぬるめのアルカリ泉にゆっくり浸かる♨️


お昼ご飯は、隣にあるお蕎麦屋さん「上小路」で、



野菜天ぷら蕎麦

野菜天ぷら、たっぷりで900円



お腹を満たして無事帰宅🏡


今回の真教寺尾根〜県界尾根を行く赤岳山行は、なんといっても暑さとの闘いだった
樹林帯を抜けるまでの暑さに、水分と塩分と体力を奪われた。

でも、それを忘れさせてくれたのが、岩尾根のクサリ場。四肢を駆使した岩登り💪


翌日、会長から、こんなメールが届いた📩

「○○さんが、一番軽快な動きをしてましたね。
本山行をもって、○○さんの厄払いも済んだ事にしますか?・・しましょう。(大笑)
油断は禁物ですが・・・・きっと大丈夫でしょう。」

ありがとうございます😊タンコブ騒動でご心配をおかけしました。
これからも、楽しい山へ連れてって下さい。
m(_ _)m


天望荘で会長と乾杯したビール🍻、体とココロに沁みました



⛰ おしまい ⛰
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 真教寺尾根で、赤岳へ | トップ | 北八ヶ岳散策 〜 ニュウ〜中... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
厄払い登山 (Sora)
2018-07-23 12:41:08
展望荘の内部レポも興味深いですね。
・2段ベッドかと思えば、2段目は全部つながった大部屋で?だとすると1段目は天井が超低い船底部屋になるのかな?
・五右衛門風呂に10人いっぺんはチト無理なのでは?オトコどうしで10人は気持ち悪いな(笑)。
・雲海と夕陽のシーンは、ジーンものだったでしょう。これは山小屋に泊まればこそですよね。龍の雲もユニークです。なんだろうね。
・県界尾根の崩落部門のトラバースは、横に鎖は付いてないのですか。足元だけの確保では?
・二つの尾根が並んで見えるというのもいいですね。やはり自分がどんなルートを辿ったのか、離れて確認してみたいですからね。ま、よく歩いてきたと思うでしょ。
・非常に暑かったということですが、たいへんでしたね。皆さん腕までシャツを下ろしているからでしょう。私も安全のため最初は長袖ですが、慣れるとTシャツ1枚で歩いてますけど。ときどきまくってパタパタやってますが、そういうわけにはいきませんよね(笑)。
・さあこれで会長さんが言うように、厄払いも終わりましたね。全開ですね(^^)
soraさん、こんにちは (jun)
2018-07-23 17:03:55
〉展望荘の内部レポも興味深い〜
soraさん・・・山小屋は、我慢の一語に尽きます…。眠れた試しがありません。横になっているだけです。頂上山荘の方が人気があるらしく、かなり前に予約したのに取れませんでした。

〉だとすると1段目は天井が超低い船底部屋になる〜
その通り!タイタニックの一番下の部屋の様です(笑)二段目に寝ると、梯子が垂直なので、夜中にトイレへ行くのに、とても怖かったです。天井は高いんですけどね。

五右衛門風呂は、思った以上に大きくて10人で入りました。でも‥男性10人が入る様子を思い浮かべると…気持ち悪いですね…。

雲海と夕陽のシーンは、おっしゃる通りジーンときました。ここでしか味わえない景色です。龍の雲も、初めて見る不思議な雲でした。
日没の景色は、いつまでも離れがたいシーンでした。

県界尾根の崩落部門のトラバースは、鎖は付いていませんでした。怖くてなかなか足が出ない人もいましたよ。岩壁の石を掴んで渡りました。滑落事故もあったとか。よく歩いたと思います。

真教寺と県界の2つの尾根を眺められるのは、達成感がありました。とても危険で、とてもやりがいのあるルートでした。ホント、怪我しなくてよかったです。

とにかく暑くて暑くて、裸になりたいほどでした(笑)でも、怪我防止のために、腕は出せなかったです。樹林帯に入るまでは、ゴツゴツしてましたから。最近は、白馬の山も異常な暑さだとか。頑張って標高を上げても、あの暑さには、閉口しました。

〉さあこれで会長さんが言うように、厄払いも終わりましたね。全開ですね(^^)〜
はい。山の会で行くと、皆さんに迷惑をかけるのが一番嫌です。だからといって、まだ1人で行く勇気はないし…。今週末は、また北八ヶ岳へ日帰りで行きますが、油断しないで歩いてきたいと思います。

今日も暑い1日でした。私の所は、35度まで上がりました。埼玉県熊谷では、40度超えだとか。毎晩エアコンをつけて朝まで寝るので、なんだか身体が、とてもだるいです。ジムへ行っても、やる気が出ませんでした。そちらは、30度以上にはならないのでしょうね。
Unknown (Sora)
2018-07-23 17:44:12
いやいや、コンクリートの駐車場住まいですからね。一時的に35度くらいになった時はありましたよ。けど関東に比べたら涼しいでしょうね。
ただ今、24度。酸ヶ湯温泉に入ってきたので暑くなりましたが、上半身裸でいたら一気に涼しくなりました(笑)。明日はうまくいけば東北最後の課題を果たせるか、です。乞うご期待!
soraさん、おばんです☆ (jun)
2018-07-23 22:22:57
35度ですか…やはり、コンクリートからの反射熱は、東北でも避けられないのですね。

ただ今、我が家のリビングは、30.9度です。吹き抜けのワンルームなので、エアコンがありませんエアコンを付けるとしたら業務用にしないといけません。電気代もかかるでしょう…。だから、1人一台、扇風機を自分に向けてます(笑)

酸ヶ湯温泉ですか。行ってみたいです。強酸性の温泉ですよね。また、ひと皮剥けちゃいますよ。裸でウロウロして捕まらないでくださいね(笑)

〉明日はうまくいけば東北最後の課題を果たせる〜
わぁ、楽しみですお天気に恵まれます様に
それを果たしたら、いよいよ北の大地ですね。さすがに北海道は、涼しいでしょうね。今度はヒグマ君に出会いませんように

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事