株式会社グリーンアシスト  植彩 ~植物で彩る~

仙台の株式会社グリーンアシストです。
植物に携わる仕事を通して日々感じた事をそのまま書いてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春の訪れもあと少し ~ハボタンとパンジー~

2017-03-15 | 植物あれこれ
お久しぶりです。
前回の投稿から半年も経っておりました…

もうすぐ春の彼岸。
今朝の仙台はみぞれが降っていましたが、お彼岸が過ぎれば一気に春めいてくることでしょう。

先日花壇のメンテナンスでお客様先に伺ったら一目でわかるくらいハボタンが大きくなっていました。
昨年の11月初めに植えたハボタンとパンジー。
年2回の植え替えをしながら定期的に維持管理をしています。
肥料の効果もありお彼岸を過ぎてからは株も大きくなってたくさんの花を次々と咲かせてくれます。

ホッとするような春の暖かい風とほのかに香る花の匂い…
やはり春の訪れは嬉しいものです。

■ハボタン(葉牡丹)
 ・秋まき一年草
 ・アブラナ科
 野菜のキャベツやブロッコリーの仲間
 江戸時代に食用として渡来したケールが冬季の観賞用として栽培され始め、
 以後様々な系統や品種が作り出された
 ちりめん系 丸葉系 切葉系 等々

■パンジー
 ・秋まき一年草
 ・スミレ科
 ・花期 冬~初夏
 花壇苗の中で最も多く生産されている品種
 暑さには弱いが寒さには強いので秋の内に十分に根を張らせておけば
 雪の下や少々土が凍っても越冬できる丈夫さがある

 種から育てる場合
 ①パンジーの発芽気温は15℃~20℃なので9月から10月上旬に播種
  用土:赤玉小粒5 腐葉土3 バーミキューライト2
     もしくは市販の培養土5 赤玉小粒5
     種を蒔く前に用土を十分に湿らす
     重なりあわない程度に種をばらまき覆土はしなくても良い
     種をまく量は必要本数の2倍程度
     種をまき終わった後は鉢より大きな容器に水を張りその中へ
     水の深さは3分の1程度 腰水法で管理 
 ②1週間から10日で発芽
     発芽後は腰水法からジョーロによる灌水へと切りかえる
     5日に一回1000倍液肥を与える 
 ③播種後1ヶ月で本葉2~3枚になるので6cmポットに仮植え
     播種用土1ℓに対して3g程度の化成肥料を混ぜる
 ④仮植え後約1ヶ月で本葉6~8枚になるので花壇は鉢に植え付け
   
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 百日紅 | トップ | インテリアグリーンの設置 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物あれこれ」カテゴリの最新記事