10mo4han*

ともよはん*

カゴ

2014-03-31 | 手作り色々
世の中、
買いだめ買いだめ~ってね、
買いだめするにも
それなりに費用がいるわけですよ。
今日、明日、
食べて行くのが精一杯とかって場合に
トイレットペーパーてんこ盛り
要らんわけですよ。
洗剤てんこ盛り
要らんわけですよ。
上がるもんは上がるねん。
たとえば、10,000円買い物をして、
5%の消費税だと10,500円。
8%の消費税だと10,800円。
4月から300円上がる。
お買い物カゴをもう一度見て、
『これ…ホンマに今要るか?』
『これ…買っとかなアカンもんか?』
なんてじっくり考えて削っていけば
300円分くらい減らせると思うのよ。
そのクセをつければ
消費税が上がっても大丈夫♪
消費税分の何かを買わないようにしたら
ええだけやん。
こうして、また、
乗り越えていってやる!
でもね、
削り過ぎたら…
心が折れそうになる時
あるじゃない?
そこまできたらアカンから
楽しんで節約することは大切♪
そんな中、
長男の自転車のカゴが錆びてきて、
ネジもアホになって、
ガタガタになりましてん。
『カゴ外して乗ったらええやん』
って言うたらね、
『元々、カゴがないような洒落た自転車なら
カゴが無くても何の違和感もないけどさ、
明らか、ここに、カゴが付いてました~みたいな
そんな金具が付いてんのにさ、
カゴ外して乗るなんてイヤやわ!』とか言う。
色気付いてきたのか?
そんなことイヤやとか言うなんて。
そんなんイヤとか言う子と違うかったやろ。
『じゃあ、針金かなんかでカゴ固定したろか?
そしたら違和感ないんちゃうん?』
って言ってみたら
『針金とか考えられへん!』とな。
なんでや。
そんな硝子のハートやったんか?
『俺、針金で固定してくれるんやったら乗るで』と次男。
ここが長男と次男の違いだよ。
次男は打たれ強いんだよ。
あいにく、針金が無かったので、
針金を買うなら
自転車のカゴを買おうってことで、
仕方なく、安い自転車のカゴを購入して
オトンに付けてもらいましたよ。
で、外したボロボロのカゴが
ベランダに置いてあったのを見て、
オカンはビビビときましたよ。



はい。
まず、お酒の空き瓶を用意。
このままじゃあれなんで
ラベルを剥がします。

綺麗に剥がれない!
けど、大丈夫。

乳液などのクリーム塗るとね、

簡単に剥がれるのよ。

フタを白のラッカースプレーで
白くしちゃいますよ。

ストローに乗せて
アルミホイルで固定したら
乾かしやすいかな。

ワラっぽいヒモに
ボタンを通してみたお♪

で、ボロボロの自転車のカゴに
お花を植えたプランターとか
スコップとか
なんか雰囲気の良い木の破片とか入れて、
そこにお酒のビンを入れてみた♪

長男の自転車のカゴだったなんて
ウソみたいだわ(笑)
返せって言っても返さないわよ!
(言わへん言わへん)