10mo4han*

ともよはん*

ある時ない時

2018-06-13 | 手作り色々
義母に「ともちゃん」と呼ばれたら

「無駄口をきくな!私のことはハク様と呼べ!」
と、スグに言える様に練習してます。
こんにちは(ง •̀_•́)ง


この間、美容院へ行って
髪を切ってもらってる時に
鼻をすすってたのよ(๛ ˘ ㅅ˘)
そしたら美容師さんが
「花粉症ですか?」って。

「花粉なのか何なのか…
長いこと鼻が辛くてね…」とかいう話になり、
美容師さんが「私も花粉症なんですよ」
ってことで鼻をかむ回数が増えると
鼻が赤くなるからそういう時期だけ
頑張ってる自分の鼻へのご褒美として
鼻セレブを使ってるんですよと言う。

美容師さん:「鼻セレブ、ほんと、良いですよ♪」と。

私:「使ったことないんですけど、
あれ…ほら…お高いでしょ?」

美容師さん:「ま、お高いですけどね。
鼻セレブに似たのも出てますけど
それは少し価格が安いです。
でもね、やっぱり鼻セレブなんですよ。」


あれもこれも試したけれど
やっぱり鼻セレブだと
そう熱弁する美容師さん。


私:「そんな良いなら使ってみようかな…
でも、もう鼻セレブでないとダメ!
ってなってしまうのが怖いんですよ。
出来れば…鼻に強くなってもらいたい。
どんな悪条件でも耐えられる
そんな鼻になって欲しいなって。
そうやって無理して悪化したりしてるけど(笑)」


美容師さん:「あ、なんか分かります。
私もね、鼻辛いとか言いながらね、
花粉症の自分がちょっと好きやったりします(笑)」


私:「あーだこーだと対策を考えてるのが
何か楽しかったりしますよね。
治ったら嬉しいけど…でも何か寂しい様な…」


美容師さん:「分かりますわ~
軽い花粉症やからそんなこと言うてられるんやで
って重症の方に怒られそうやけど…
治ったら何かね…
たぶん変態なんでしょうね(笑)」


私:「いや、ほんと、変態なんでしょうね(笑)」



初対面の人に
こんなことを話す自分に驚いたけれど
この美容師さんになら
足のかかとの話しても大丈夫かもと思い



「私、足のかかともね…」と話してみたら
美容師さんも全く同じ状態の足のかかとと
共存してることが分かり


私:「何か嬉しい♪」

美容師さん:「私も嬉しいです♪
家族にも理解されなかったからね~
今日、家に帰ったら家族に言いますわ~
同じ足のかかとの人いてたでって(笑)」



と、盛り上がった足のかかと話は
またの機会にということで
今日はトイレットペーパーのことね。



「デリケートなところに使うのだから
トイレットペーパーで鼻をかむのも
鼻には優しいかもとトイレットペーパーで
鼻をかんでた時期もある」

と美容師さんが言ってたので
それもそうだなと私もトイレットペーパーで
鼻をかむことにしてます。
経済的だしね♪




でもね、部屋にトイレットペーパーが
そのまま転がってるのも何だかな…と思い
トイレットペーパーホルダーみたいなのを
作ってみようかなと。


それを作るために
わざに材料を買いに行くなんて
するわけないよ。








ジーンズの裾を直した時の
いらない裾部分のデニムと
何か作った時の残りの生地を使う。

残しといてどうすんの?って、
こんなん使わんやろって、
そろそろ捨てたろかなって、
つい最近思ってたところだったけれど
残しといて良かった。







底、生地にトイレットペーパーをのせて型どる。
縫い代、1cmくらい。






こっからは適当(笑)


「ここ長いわ~切ったろ!」
「ここ足りひんわ~足したろ!」


ソーイングは足したり引いたり。
恋愛は押したり引いたり。
って言うじゃない?言わなかったかしら?





どうやってここまでやってきたか
説明なんて出来ないよ。
だって、本当に、適当なんだから。







うんうん♪
使う時はこうして~







使わん時はこうしといて~






って思ったけど
やっぱ、紐よりゴムかなとゴム通す。



これなら部屋に転がってても
気にならないな♪








トイレットペーパーホルダーが~~







あるとき~~♪









ないとき~~⤵︎⤵︎⤵︎








あるとき~~♪










ないとき~~⤵︎⤵︎⤵︎









みたいな。