gooブログはじめました!

OCNのブログからお引越ししました。
日記を書いて行きます。
よろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬物衣料の購入

2010-10-29 09:12:00 | 日記
 秋に突入したと思っていたところ、急に冬到来で面食らった。まだ一部夏物の衣類を着用していた人も多かったのではないでしょうか。こんなに寒くなればコートやマフラーなどの冬物衣料の購入を考えた人も多かったことでしょう。ふところ事情によっては購入も制限される。今年は買わないで、古い物を着用しようと考えている人も多いのではないか。しかしデパートやスーパーの衣料品売り場に行けば、新しいものが欲しくなるのが人情である。
 冬物衣料を、今年はどのくらい購入するのかに対して、こんなデーターがあった。買う予定なし13%、3000円未満10%、3000円~5000円15%、5000円以上24%、1万以上3万円未満は31%、3万以上7%と出ている。約半数が1万未満を予定していることがわかった。
 私は買う予定なしの10%組である。
コメント

パソコン3

2010-10-28 08:52:00 | 日記
 マージャンやパソコンが認知症防止に良いといってシニア層に人気があるという。私も毎日パソコンに向かって文章やデーターなどを打ち込んでおり、認知症の発症どころではない環境にある。現在、自宅で使用中のパソコンは2台目、XPから7に変えたばかりだ。使いかってはXPの方が良いような気がする。ところが最近、画像の取り込みやインターネット接続などが簡単にできる「パソコン3」なる新製品が発売となりシニアを中心に超人気だという。専用スタンドに携帯電話を置くだけで保存写真をパソコンに簡単に取り込める。またマウスもユニークだ。左右ボタンをを色分け、左側には凸凹をつけて感触の違いがわかるようにしている。さらにキーボードは文字を大きくし、色分けもしてありまさにシニア向けである。
 パソコン1~2までの使用のシニア層は約900万人と言われるというが、これからパソコン3を買い求めて使用するシニアは認知症という症状がなくなることを期待したいものだ。
コメント

シクラメンの花

2010-10-26 10:13:00 | 日記
 私はこの時期になると布施明の「シクラメンのかおり」をパソコンで聞く。今も聞き終わったところだ。シクラメンは冬の代表の花で寒さに強い。明るく柔らかい色合いが素晴らしく、なんとなく哀愁を感じる花だ。まだ店頭にはないがこれから出荷されることだろう。
 私は鉢植えのシクラメンを買って楽しんでいるが、寒々とした何もない冬の花壇やコンテナを華やかにしてくれるガーデンシクラメンも早く植えればしっかりと根が張り、長く花を咲かせてその花の存在は大きい。
 ~まわた色したシクラメンほど~と口ずさむようになれば、もう冬も近い。 
 
コメント

手帳

2010-10-21 09:51:00 | 日記
 年版の手帳の種類には色々ある。私の2010年版の手帳は小型の手帳(人との打ち合わせを記録)と日記風のダイアリーと5年連記の日記と計3冊を所持している。5年連記の日記は別として前記2冊は毎年購入となる。先般、会の会員の表彰の賞状を作るため文具屋に行った。もう2011年版の手帳が所狭しと並び、品定めする人が該手帳を手に取り見ている姿が散見された。今では予定管理に使える高機能形態電話(スマートフォン)などが流行りはじめているが、思い付いたら書き込め、開くと直ぐ目に入る利便性から若い層からも手帳は人気があるといわれる。
 特に今の若い人は、表紙が派手な手帳よりも地味な手帳を求め、中身を飾りたいと言う気持ちが大きいという。
 さて貴方の来年の手帳は、自分流にアレンジできる手帳の購入を考えているのだろうか。そんなことを考えながら品定めするのも楽しい。
コメント

カキ鍋

2010-10-19 10:00:00 | 日記
 昨日、急にカキ鍋が食べたくなり、近くのスーパーに買い物に出かけた。食料を買う前に3階の衣料売り場でブルーのワイシャツを買った。(23日、医学博士と奈良の神社のイベントに行くため)、色々な売り場を回ってから家電売り場で地上テレビを見た。32インチの値段が5万円を切ったテレビがあり驚いた。どんどん値が下がっていくような気がする。そんなことを考えながら、1階の食料売り場に行きカートを押しながらカキ売り場に行った。広島カキ300gを2パック、カキ鍋用のもと1袋(味噌仕立て)、白菜4分の1、ゴボウ、春菊、ネギ。糸こんやく、えのきだけ、焼き豆腐2丁を買ってその夕料理した。作りは簡単である。土鍋にカキのもとを入れて沸騰したらカキを入れてその他の具を入れる、実に簡単である。ところが購入した際のカキはかなり大きく見えたのであるが、茶碗に盛り付けたカキはどこに入っているのか、箸で捜さなければならないほど小さかった。(笑う)
 それでも旬のカキ鍋でした。
コメント