世界中で起きている異常気象の原因を探る。このブログを読めばわかります!

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

大日孁貴(オオヒルメノムチ)の霊言。中国や朝鮮半島が由来ではない。 ムー文明の流れを引く日本文明の真実。日本には「天照大神が地球を治めている」という信仰があった。

2018-08-15 11:50:01 | 日記

日本列島、および日本文明「ムー(大陸)の正統な後継者』であって、残念ながら、 

 中国文明や韓国、韓国半島のほうから文明をいただいた末裔というか、そういう属国的なものではなかったということです。これは、はっきり申し上げておきたいと思います。

「日本と言う国は、中国や韓国、北朝鮮がある前から存在する国であって、ムー帝国の本当な正統な嫡流をひいているものであるし、その国を治める神も、実は、世界神から直接に指導を受けている存在であるのだ」

 太陽信仰は世界をめぐるものであったのです。「東からのぼり、西に沈む」のが太陽ですので、東の国は日本なんですよ。

「日本からのぼって、西に沈む」ということで、全世界を照らす。これが「天照信仰」なんです。

そのように、「日本の国を一つにまとめ、融和させながら世界も照らそう」という気持ち、

この気宇壮大な気持ちを持っていた教えが天照信仰であるわけです。


内容紹介

 
日本人としての
自信と誇りを復活させる、
厳かなメッセージ。


太陽を、再び昇らせるために。
▽日本の主宰神の秘密と天照信仰の本質
▽中国や朝鮮半島が由来ではない
  ムー文明の流れを引く日本文明の真実
▽天照大神、天御中主神、天御祖神の関係とは
▽現代の北朝鮮・中国問題にどう立ち向かうか

目次
まえがき
1 オオヒルメノムチと天照大神の関係とは
2 天照大神とはどういう存在なのか
3 日本国民へのメッセージも含めて、オオヒルメノムチのお考えを訊く
4 日本文明のルーツはどこか? 
5 オオヒルメノムチがいた時代の生活について
6 太陽信仰とその大本の神とは
7 オオヒルメノムチの霊力とは
8 天照信仰の成り立ちについて
9 オオヒルメノムチから日本国民へのメッセージ
10 日本の国に対して自信を持て
あとがき
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 松下幸之助氏が提唱した「無... | トップ | 宗教が否定される国家の繁栄... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事