日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

心の針を真上(天上界)に向けよ!あなたの心の針はどこに向いているのか。明るい天上界に合わせるか暗い地獄界に合わせるかで、幸、不幸が変わってくる

2019-06-24 22:38:26 | 日記

この考え方は天台宗の、天台智顗の教えの中にあります。一念三千、人の心は、ちじに乱れ三千世界に通ずる。

あなたの心の針はどこを向いていますか?


時計にたとえると、真上、「12」は天上界、そして真下「6」は地獄界です。

あなたの心の針は「12」ですか、それとも「6」ですか?


私が転職13回した時は間違いなく「6(地獄界)」でした。自分の将来を悲観し、自己卑下、マイナス思考でした。

心の針が「6」に向いている時は、一生懸命に努力しても、どんどん現実が悪くなり、悪い事ばかりが起きてきます。

いくら会社を変わってもダメで、13回も転職してしまいました。


そんなドツボな時に書店で大川隆法総裁の本と出会い、講演テープを毎日、聞きました

それを続けて半年後くらいになると、マイナス思考がプラス思考に変わり始めました。

つまり心の針が「6」から「12」近くになってきたということでした。


その時は前の業界にはどこにも就職できないため、仕方なく、不動産の営業の会社に就職していました。

初めての営業でしたが、急にバタバタと契約が決まり始めました


それほど努力してないのですが、契約が決まってゆきました。自分の力でない目に見えない力を感じていました。

さらに私が客を案内すると次々に契約が決まり、私をイジメていた営業部長が唖然としていました。


私は大川隆法総裁の教えは本当だったと実感しました。その時の心の針は「12」に向いていたと思います。

心の針は「12(天上界)」に向いていると見えない力が良い方向に応援してくれるのです。

それから、さらに目に見えない力が加わり、独立できました。

 人間の心は一念三千、つまり千世界に通ずる。と言われています。どの世界に心の針を合わせるかは、その人しだいです。明るい天上界に合わせるか暗い地獄界に合わせるかで、幸、不幸が変わってきます。

幸福の科学 公式サイト https://happy-science.jp/whats-happy-science/

 

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

この記事についてブログを書く
« 「一歩、二歩、三歩と人生を... | トップ | 自殺したいと思うような、 ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事