日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

【宗教教育はなぜ大切か】大川隆法

2019-07-22 16:05:43 | 日記

「宗教教育はなぜ大切か」というテーマに対して、

私の考えを述べるとすれば、

それは、「人間は、常に新しいフロンティア、

未開拓の地平に向かって突き進んでいく存在でなければならない」ということです。

現にあるものを、「ある」と見るだけでは、

学問の進歩はありません。
本来、教育が、学問の進歩に資するものであるならば、

現時点では未確認のもの、あるいは不確定であり、

未知数であるようなものを、避けて通ってはならないのであって、

むしろ、真剣に立ち向かっていくことが大事です。


したがって、第一印象で拒絶するのではなく、

「実際には、どのようになっているのか」を考え、立ち向かっていくことです。


教育の使命 P.140より

この記事についてブログを書く
« 「歴史上、成功した人々は、... | トップ | 「日本人よ、中国の属国にな... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事