日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

【永遠の今を生きる】大川隆法総裁

2018-12-26 21:59:52 | 日記

この世的なもののなかには、

何ひとつとして不滅のものはありません。

しかし、真理の内に生きるとき、

人間は、永遠の時間のなかにあるのです。

永遠の今を生きているのです。

真理とは、すなわち、

人間が本来、仏の子であり、永遠の転生輪廻

のなかを生きているということを意味します。

その魂を磨くために、一時期、この地上に肉体を持つという真実なのです。

『黄金の法』 P.71より

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 憲法9条問題の本質は「吉田ド... | トップ |  税制改正・所得税に流れる「... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事