日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

ネクラで自殺願望が強かった私を変え、独立、映画製作、上映までできた考え方です。

2019-08-20 21:31:35 | 日記

ネクラで自殺願望が強かった私を変え、独立、映画製作、上映までできた考え方です。

 

『雪ダルマ型人生観という考え方もここにあると思います。

「プラスの結果が出てくれば、もちろんそれを実力としてゆく。

マイナスの結果が出てくれば、それを反省材料として教訓を身に付け、さらに大いなる発展の種をまいてゆく。

何が出ても、雪ダルマのように転がって大きくなっていくしかない」このような生き方をしていると人生は楽しいですし、常に勝利を続けていることになります。

常勝思考の一面として不動心がきわめて強くなってきます。

波風に強いのです。バクテリア(細菌)を食べていく白血球のようなものです。

常勝思考というのはあのような感じなのです。白血球が口を開けてバクテリアを食べているかのような感じで、どんどん取り込んで栄養にしてしまうわけです。

いろいろな苦難・困難の時があっても、それを利用し、逆手にとって、さらにプラスのものを出してゆくというのが常勝思考なのです』

幸福の科学出版「常勝思考」より抜粋。

2008年に映画製作、上映した。



この記事についてブログを書く
« 日本企業は中国に買収され、... | トップ | 「大きな志を貫く」大川隆法 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事