日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

【自分の未来に責任を持つ】大川隆法

2019-06-04 21:40:48 | 日記

あなたの意志が、あなたの向かう先や運命、

そして未来を決定づけるのです。


もし、あなたが、あなた自身の未来や、

社会の未来をデザインしたいのであれば、

「何を考え、何を心に描くか」を決めなければなりません。


『救世の法』 P.204より



「夢を叶える方法とは・・・・・」大川隆法

2019-06-04 21:37:57 | 日記

「まず、大きな目標を立てることが大事です。

そして、大きな目標を立てるにあたっては、

それを達成するまでの過程における、

小目標や中目標といった中間目標を、

ある程度、決めておく必要があります。」


(大川隆法『Think Big!』25ページ)


これ以上、給料を減らされたくなかったら、消費増税に反対すべき。この20年間で日本人の平均給与は0,8倍、中国人は15倍。1,997年の消費増税からデフレが始まり、発展が止まり、給料は減り続けている。

2019-06-04 21:36:45 | 日記

日本はもはや、「経済大国」ではない。日本は世界唯一の「衰退途上国」である。

消費増税による、デフレにより日本経済は衰退、縮小を続けている。

2018年第3四半期は、年率換算マイナス2.5%の成長となった。 経済がこれだけ縮小している時に、消費増税しようというのだから、頭がおかしいと言うしかない

2019年10月に予定されている、8%から10%への消費税増税。これが本当に実施されるならば、日本経済は壊滅的な大打撃を受け、さらに経済は衰退、縮小を続け、企業の売り上げが減り、社員の給料が減り、消費が冷え込む。

国の税収は大幅に減り、赤字国債が大量に発行され、赤字が増える。愚かな政治家達はさらに消費増税を上げるべきと主張するだろう。

この負のスパイラルを断ち切るには今度の消費増税をさせないように声をあげるべきだ。

IMFは2018年10月、主要各国政府のバランスシートを分析する報告書を公表した。同報告書によれば、日本の財政状況は、負債と資産とを差し引きした「純資産」がほぼプラスマイナスゼロだった。つまり、「日本は財政危機」というのはフェイクニュースだった。全く消費増税をする必要は全くないのだ。

日本はもはや、「経済大国」ではない。日本は世界唯一の「衰退途上国」である。 消費増税による、デフレにより日本経済は衰退、縮小を続けている。  ←クリックして下さい


以下は内閣官房参与藤井聡 (著)の「10%消費税」が日本経済を破壊するからの転載です。