西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

明日は西都市子ども議会です

2012-07-29 19:53:06 | 日記

先ほどテレビを見ていたら(この2日ほどオリンピックの応援でテレビの前から動けません)、国会でも子ども国会が開かれたそうです。その中で父と祖父(祖母だったかな)を東日本大震災で亡くした女の子が発言していました。あんな小さな体のどこで、あのような悲しみを受けきったのでしょうか、想像するに胸が痛くなり、涙がこぼれそうになりました。

さて明日は表記の通り、西都子ども議会です。この数ヶ月子ども達は色々と勉強してきたと思っています。どのような意見が聞けるか、今から楽しみです。

私たち大人の最大の目的は、「つなぐこと」だと思っています。次世代の子ども達に「良くつなぐこと」これこそが最大の役目であり、それ以外のことは大したことではないとさえ思っています。

自分たち世代だけが良ければ、なんて考えは最低の考えですね。

西都市が日本に誇る「西都原古墳群」があります、古墳群のある大地に立ってみると、早朝古墳群の中から昇る朝日、体に感じる風、九州山地に沈む夕日、遙か昔古墳時代の方々と同じ情景を見ていることに気づくはずです。このような情景を見、思いに浸ると、この情景を「後世につないでいこう」と一千四、五百年間のこの地に住んだ人々がこの大地を大切にした思いを強く感じます。

「つなぐこと」これこそが、大切であり、人間の最大の目的です。この考えに基づいてあらゆる事を考えていけば「正しいことか」「間違ったことか」の判断ができると思っています。私は判断に迷ったとき、(例えば今の国の政策の原発やTPPに対するもの)今の人のためか、未来の人のためかで判断しています。

「つなぐ」という点で、教育というのは全てに先んじて大切なモノであり、「短期的費用対効果」などということで判断しては、国の損失です。

「子ども議会」も考え方によっては色々ともの申す人がいますが、私は絶対的に大切なことであり、行うことに全面的な賛同をします。ということで明日の議会を楽しみにしています。

西都市民の皆さん、あした午後1時からです、時間のある方は是非傍聴してください。

西都モノクロームphoto

ーゆっくりとー

(都萬神社)

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 行政調査最終日(7/20) | トップ | 西都市子ども議会傍聴しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事