西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

議会活動、転院、今日の稽古

2018-02-16 23:02:48 | 日記

3月議会が迫ってきます

改選前の議会なので、選挙活動を一所懸命しなければならないので、この議会はいつもの比べ一般質問者が少ない傾向にあります

私は前期の3月議会も行いました(選挙は落選しましたけど・・)

でもめげずに今期も行いたいと考えています

私は一般質問こそ議員としての政治信条を伝え、実現に結び付ける最高の機会だと考えているからです

ですから、今回も行います

まだ質問は大まか輪郭でしか考えていませんが、教育関係、子育て関係、市街地活性化関係、救急医療関係、建築建設業関連の中で組み立てていきたいと考えます

とにかく、私は危惧しています、それは西都市の人口が3万人を割ったことです

定住人口減に歯止めをかけることと、そして流入人口(観光)を経済に結び付けることを提案したいと思っています

しかし、考えれば考えるほど「食の拠点構想」がとん挫したことは、西都市のこれからを考えると痛手です(こんなこと言うと、また票が減るかもしれないけど・・、私はず~~っと思っています、信念は変えたくありません)

春田バイパスがつながり、いよいよ宮崎市の北の玄関口としての役割が増してきます

今知恵を絞り、行動に移す時です

幸いなことに、そのチャンスを実現する土地を西都市は確保しています

市民みんなで議論し、未来の西都像を考えていかねばならないと私は思います

さて、母が転院しました

西都児湯医療センターのT先生やスタッフの皆さんのおかげで、再度リハビリに向かうまで回復しました

一時は最悪の事態も考えたほどです

こうゆう経験をすると、やはり医療センターの役割は重要です

民間病院とセンターとの連携で患者を救う姿こそが、市民の望む姿だと考えます

母が入院して思いましたが、やはり建物が古すぎです、医療の質と全くマッチしていません

色々と意見をいう方はあるでしょうが、私は早急な新病院建設に向かうことが、市民(西都児湯1市5町1村10万人)の未来の安心安全につながると信じています

高度な医療技術を持ったドクターに、その技術にふさわしい(より発揮しやすい)、器を(新病院)を用意することが必要です

私はそこに向かって、行動していきたいと思っています

ところで、無事民間のT病院に到着したとき、ちょうどライブでフィギュアーをやっていました

羽生選手の圧巻の演技に、T病院の患者さん看護師さんも思わず拍手しました

真剣に見ている母です

夜は稽古、基本、移動基本をみっちりやった後

形を小学生と中学生に分けて行いました

私は小学生に平安の形、関谷指導員は中学生にジオンを指導です

今日の稽古は形の成り立ちや使い方を話しながらの稽古でした・・・

思わずかまやつひろしさんの「わがよき友よ」という歌の一節を思い浮かべました

・・・子供相手に人のみち~人生などを説く男~(^^♪・・・

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 議会活動(会派、議運、全協... | トップ | 井上憲さんおめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リハビリ頑張って (本部量)
2018-02-17 04:18:15
おはようございます!お母さん転院ですか リハビリ大変でしょうが頑張って下さい 家の父も 脳幹梗塞しました 気付くの早くて 1ヶ月ベッドの上でしたが リハビリ頑張ってくれたので 何とか 歩行きで 歩けます あまり手をかけすぎると 認知入るから できるだけ 自分で やらせる様にしてます(笑) 見守りは必要ですが〜
気長にね
父は 病気の オンパレードです(^0_0^) 西都市の病院では 見て貰えない人昨年も救急車で 宮崎の 大きい所に走りました(-_-;)
コメントありがとうございます (toshiro)
2018-02-17 11:13:18
本部さんコメントありがとうございました、脳幹梗塞大変ですね。早くよくなることを願っています。さて認知についてですが、認知は85歳以上は2人に1人が起こるといわれています。認知を理解しサポートする地域づくりが急がれますね。私の父もその傾向が出てきましたし、他人ごとではないです。この問題も取り組んでいきたいと考えます。病院についてですが、私がセンターに臨むのは「一分一秒」を争う心疾患、脳疾患に対応できる専門性を持った病院です、そこに特化した2次救急を志向するのが10万の命を預かる1市5町1村の役目だし、また公営となったセンターの経営を考えた場合ベストだと思います。ここをしっかり確保したうえで、次への転回だと思います。今回特に思ったのが、民間病院との連携です、急性期にかんして専門性を活かし連携してくれた姿はとても安心できたものでした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事