西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

空手の話し⑦とお酒の話し

2010-06-30 22:49:17 | 日記
最初のお酒の記憶はなんだったろう。
母が飲んでた養命酒(お酒の範疇にはいればですが)、居間にあった父が大切にしていた洋酒、父の目を盗んですすったビール・・どれにしても、まずかった。
大人はなんでこんな不味いもの、おいしそうに飲むんだろうと不思議でした。

さて大学です、空手の練習が厳しいのはうすうす気付いていましたが、お酒の場が心配でした、今でもよく事件になる、お酒の強要による急性アルコール中毒で体の弱い私は死んでしまうのじゃないかと不安だったのです。
所属しているのは体育会です、それも空手道部です、初めてのコンパ(飲み方のことです、当然ながら今はやりの合コンみたいな女の子のいっぱいいる華やかさ(今でもこんなの参加したことがない、畜生!)はまったく無い、男ばっかりの超むさ苦しい飲み方です)の前、どんな飲まされかたをするのか心配になった私は、防御策をとりました。(空手部のコンパはでっかいお皿になみなみと酒をつがれ、飲み干すまで許されないイメージがありました)。
胃壁にアルコールの吸収を防ぐ膜を張ればいいと聞いた私は、牛乳を1Lのみ、チーズを買って食べました。
食べ慣れないものを急に食べるたので、お腹の調子が悪くなりました。
下〇ピーになりました。
そんな最悪の状況で迎えたコンパでしたが、よく考えたら大先輩達(もう十分大人です)、教授たちがそろう会で、そんなむちゃくちゃな飲ませ方が起こるはずもなく、普通(?)の飲み会でした。
ただ最初に幹部から「今日は無礼講だ、楽しく飲め」とは、言われますが下級生に無礼講を破る勇気のあるヤツなどいなかったけれど。

空手部らしいコンパの風景と言えば1.2年生は始まる30分ほど前から、お店の前に整列します。
服装は勿論学ランです(ちなみに、大学内でも空手部は学ランです、服に回せるお金のない私にとっては幸せでした。
学ランは最初は高校の制服、半年後に4年生の角岡主将の裏地に龍がある学ランをもらい受け、着ていました)立ちながら必死でまわりを見張ります、先輩やOBを見つけたら、でっかい声で「押忍!!〇〇先輩」と声を掛けなければいけないのです。
今考えれば(今考えなくても、あのころも周りのサラリーマンやOLなど気味悪がっていました)異様な風景です、まれに声を掛けそびれると露骨に機嫌の悪くなる先輩方がいて、必死でした。
無茶な飲ませ方はされなかったけど、肝心な下級生は飲み方を知らないものだから、とんでもない酔い方をしていました。
吐くのは当たり前、のどが胃液で破れ血を吐いたり、酔って先輩の部屋の便所と押し入れを間違えて布団にお〇っ〇したり、2階から飛び降りたり・・ぞっとしますね。

男ばっかりだから盛り上げ方に一工夫があります、それは春歌を歌うことです、この日のために平安の型(松濤館の基本型)と同じくらい春歌の稽古をしました。
いやー歌いましたね、青い山脈・数え歌3-4種類・近くの女子大の替え歌etc・・。
うーーむバカです、男だらけという極限の状況のなせる技でしょう。
今つくづく思います、男子中学校、男子高校、男だらけの大学空手部・・このブログの題と同じ、哀しいモノクロームな青春時代でした。(青春を返せ、バカ野郎)
ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 復興イベントの実行委員会 | トップ | 今からが大切 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事