西都モノクローム

西都大好きな男が、徒然なるままに街のこと、写真のこと、空手のこと語ります。

太陽のメロディー

2010-07-29 19:46:57 | 日記
僕が何にでも影響されやすい軽~い男であることは、このブログを見ている方は十分承知のことだと思います。最近自分でも気づかないうちに鼻歌を歌っていました「・・・フフフン、フフフン、フフフフフン、フフフフン」です。
文字でなく、私の美しい鼻歌ならば100人中3人は気づいてくれる自信はありますが、これは宮崎県民全てご存じ「太陽のメロデイー」です。                                                   だいぶ前会派室に荒川敏満議員が飛び込んできて「toshiroさん、聞いて。イイ歌ですよ、感動して涙した」というなり、自分の携帯にダウンロードした、この曲を聴かされました。                                                  
「いいでしょ!いいでしょ!」と言いながら今度は事務局に飛んでいき聞かせているようです。                                             
先日ある本屋さんでも、ずッーとこの曲が流れていました。
本を立ち読みしながら聞き、頭にすり込まれたみたいです。
ふっと気づくと「・・歌おう、笑おう、太陽のメロディー」と鼻歌を歌っている僕がいます。                                                                                
非常事態宣言が解け、少し心に余裕が出来、あの3ヶ月の事を振り返ることが出来ます。                                                
ワクチン接種が決まって、涙を流した知り合いの奥さん、母牛と仔牛を一緒に埋めてくださいと言った飼い主、まだ運命に気づかないのかつぶら瞳を僕に向けた「モモエ」と耳票に書いてあった母牛、口論が出るほど必死の対応をした係員、埋設地に捧げられた花束・・などなどです。                                                
曲の歌詞をあらためて読むと、心にすっと入っていきます。
もうみんな知っていると思うけど、あまりに良いので書かせて頂きます(是非CD、ダウンロードしてください義援金になります)                                              
1.笑おう 笑おうとするのに涙が出るのは あなたの優しさを 思い出すから 歌おう 歌おうとするのに涙が出るのは あなたが 悲しみをこらえて笑っているから 一人にひとつ配られた 希望という名の傘は 小さくて折れやすくても この空に集めれば どんな雨にも負けないと この町いっぱいに降り注ぐ 太陽のメロディー                                                                    
2.しずむ 夕暮れが遠く山並みに消えて 静かな夜に 大地が眠る 星を 見上げればこころに緑が溢れる やがて訪れる 朝の光を待ちながら どんな雨にも負けないと この町いっぱいに降り注ぐ 太陽のメロディー 風は全て知っているから どんな言葉よりもあたたかく包んでくれるから みんなこの町が好きだから 大空いっぱいに溢れてる 太陽のメロディー 明日へのメロディー 歌おう(歌おう)笑おう(笑おう) 太陽のメロディー                                                             
(宮崎出身の今井美樹さんとコブクロの小淵健太郎さんが創られ、布袋寅泰さんと黒田俊介さんが協力された曲です)
コメント