僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2043【 詩 作 14 】

2019-05-20 05:00:01 | 
  詩 作 14

      にのみや あきら


詩は
出来損ないの作品でもいい
完璧なものは創れない
学術書ではないから多くは語れない
生活の断片を切り取って表現するだけ
一篇の詩で人間の全てを表現するのは
無理な話
だから
不完全なように感じるかもしれないが
でもその方が
読む人に想像する余地を与える
完璧な作品だとそれが失われる
詩だけに限らず芸術作品は全てそうだ
人生を未完で終わる人間が創るのだ
作品も完璧ではない
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2042【 風 習 】 | トップ | 第2詩集「遠い記憶」のご案内。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事