僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1913【 驚 嘆 】

2019-01-10 05:00:00 | 
 驚  嘆

      にのみや あきら


驚嘆は辞書によると
驚くだけではなく
感心すると言う意味もあるそうだ
一つの語句で二つの意味を表す
言葉って面白い、不思議だ
人間はそれに対応するのだから
これまた大したものだ
器用としか言いようがない
だから頭も働く
なんと言っても
地球を支配しているのだから
頭が良くなければ出来ない

動物はその点気の毒だ
人間に飼われ食べられてしまう
動物は
そんな人間を見て
驚嘆しているかもしれない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.1912【 垣 根 】 | トップ | 僕の詩集No.1914【 悪 玉 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事