僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.622【 悲劇の起源 】

2017-04-19 10:00:45 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.622
  1999.6.27.作

【 悲 劇 の 起 源 】

     にのみや あきら


小さな小さな誰にも触れない
小さな嘘が
大きな悲劇を産む


小さな小さな誰にも気づかない
小さな偽りが
大きな悲劇を産む


小さな小さな誰も見たことのない
小さな自我が
大きな悲劇を産む


小さな小さな誰も出会ったことのない
小さな身勝手が
大きな悲劇を産む


小さな小さな誰も聞いたことのない
小さな噂が
大きな悲劇を産む


 NO.622.【 悲劇の誕生 】
          の解説

 この作品は、人間のつまらない偽善が、大きな悲劇を招く、と言った詩です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1288【 遣り手 】 | トップ | 僕の詩の解説No.623【 強制捜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事