僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2591【 ふたつの眠り 】

2020-11-27 07:00:13 | 
   ふたつの眠り

          にのみや あきら


人生には
寝たふりは別にして
ふたつの眠りがある
日常の夜の眠り
それと
永遠の眠り
つまり人生の終焉
死だ

どちらも安息の時間
活動をした後の
安息の世界

だが
死には目覚めがない
永遠の眠り
それに対して
日常の眠りには明日がある
希望がある
ふたつの眠りは
万人が通らなければならない道
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2590【 荒 む 】 | トップ | 僕の詩集No.2592【 栄 枯 盛 ... »

コメントを投稿