僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2049【 凡 庸 】

2019-05-26 05:00:01 | 
  凡 庸

     にのみや あきら

優れた所がなくても
いいではないか
人間
平凡が一番
人の上に立つと大変
苦難と苦悩に苛まれる

凡庸だからと言って
卑下することはない
世の中
平凡に生きている人がほとんど
高望みして
破綻してしまうより
平凡な方がいい
普通の方がいい
凡人には
凡人なりの
立派な生き方がある

コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2048【 心に太陽... | トップ | 僕の詩集No.2050【 老人の無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事