僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2042【 風 習 】

2019-05-19 05:00:06 | 
  風 習

      にのみや あきら


世の中の
あらゆる教えに背くと
自由には過ごせなくなる
罪悪感に縛られて
生きなければならない
それでは人生に大きなマイナス
だから世の中の風習には
従わなければならない
世の中から爪弾きを食ってもいい
と言うなら別だ
だが
そうはいかない
肩身の狭い思いをすることになる
風習は
人類の歴史が積み重ねてきた
貴重な習慣
完璧でないかもしれないが
それに背くわけにはいかない
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2041【 人 生 3... | トップ | 僕の詩集No.2043【 詩 作 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事