僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1096【 駄洒落詩集 58 】

2016-10-17 12:08:30 | 
  【駄洒落詩集 58】

① 今朝、お寺さんが、
   ケサを付けて
     おいでになった。

② 麺料理を作るのは、
      とても面倒だ。

③ 立ってる者は
  親でも使え。
   おやおや、そんなこと
   言っていいんですか。

④ ニラ料理がまずいと
   言ったら、
     店長に睨まれた。

⑤ 滝の下で、炊き立ての
    ご飯を食べた。

⑥ そこの若い男女、
   橋を渡りながら、
  はしたないことをしたら
     ダメだよ。

⑦ 年を取ると、
  しゃがむのが苦痛で、
   靴を履くのも苦痛だ。

⑧ 居酒屋で、サワーを
   呑み過ぎて、
     騒がないでね。

⑨ ここの場所で、
   奇声を発するのは
     規制します。

⑩ 同窓生の、羽賀君の名前を      忘れるなんて、
        歯がゆい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1095【 断 念 】 | トップ | 僕の詩の解No.111【偽善の世界】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事