僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1911【 詩 作 12 】

2019-01-08 05:01:02 | 
  詩  作

         にのみや あきら


絵画に構図があるように
詩作にも構図がある
テーマが決まると
表現に関わる言葉を選択する
それを構図の中にはめ込んでいく
語句をどう選択するか
どれをどう使うか
どれがテーマにマッチしているか
付け加えたり
切り捨てたりして
推敲をする
その作業がたまらなく面白い
つまり
だんだん構図がはっきりしてくるからだ
推敲に従って作品がだんだん良くなっていく
訴えたいテーマが浮き彫りになる
詩は
苦労に苦労を重ねた
心の結晶体
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.1910【 心 技 】 | トップ | 僕の詩集No.1912【 垣 根 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事