僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.682【 孤 独 】

2017-05-06 10:22:01 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.682
  2000.11.25.作

【 孤 独 】

     にのみや あきら

淋しいだろうが
もう誰にも
会わない方がいい
新しい出会いを作って
何をしようと言うのだ
まだ何かを望むのか
君には能力の限界だ
これ以上出会いを作っても
もう何も生まれない
ただ
思い出を作りたい
と、言うのなら別だが
それにしても
遅すぎるのではないか
淋しいだろうが
もう誰とも会わない方がいい
新しい出会いを作っても
もうどうにもならないだろう


 NO.682.【 孤 独 】の解説

 この作品は、ある人物が、人間関係で悩んでいる詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.681【 詩 作 ... | トップ | 僕の詩の解説No.684【 病 魔 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事