僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2050【 老人の無駄 】

2019-05-27 05:00:01 | 
老 人 の 無 駄

       にのみや あきら


年を重ねると
勘違いが多くなる
勘違いしたまま行動を続けると
とんでもないことになる
それを戻そうとすると
もっと深みに入る
勘違いした初めに戻ってやり直し
今までやってきたことを
全てやり直さなくてはならない
長い時間を掛けて
もう一度やり直しだ
全てが無駄

命は短い
余命を
こんなことで時間を費やしていては
勿体ない

でも
勘違いで無駄な生活を送るのが
老人の務めかも
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2049【 凡 庸 】 | トップ | 僕の詩集No.2051【 円 熟 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事