僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.841【 音 楽 】

2017-05-31 10:49:35 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.841
  1994.4.29.作

 【 音 楽 】

     にのみや あきら

今日は
音楽が音にしか聴こえない
雑音としてしか聴こえない
体調のせいだろうか
こんな事あるんだ
僕は常に美しい音楽を
         聴きたい
素晴らしい音楽に感動したい
音楽は万国共通の言葉
音楽が音としてしか
    聴こえないのは困る
さらに
雑音だなんて最悪だ
大切なものを奪われて
       しまったよう


荘厳なクラッシック
情感的なジャズ
これらがなければ不憫だ
大昔、ただの音としてしか
      なかったものを
大勢の音楽家たちが
育て発展させた音楽
人類を感動させるものまでに        完成させた
なんて偉大な作業だろう
功績だろう
現代人はそれに恩恵を
        被っている
人類は
ここでも素敵な事を
     やってのけている


 NO.841.【 音 楽 】の解説

 この作品は、生活に欠かせない音楽について述べた詩です。そして、音楽の歴史を賞賛しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩の解説No.837【 詩作 ... | トップ | 僕の詩集No.1331【 瞑 想 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事