僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.396【 都 会 生 活 】

2017-02-12 09:58:36 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.396
  1997.9.19.作

【 都 会 生 活 】

            
     にのみや あきら


なにが面白い
コンクリートの密林の中で生活をして


なにが面白い
アスファルトの固い道路を歩いて


なにが面白い
澱んだ空を毎日見上げて


なにが面白い
濁った空気をいっぱい吸って


なにが面白い
インスタント食品の食事ばかりで


なにが面白い
集団墓地の窮屈なお墓の中で


なにが面白い
コンクリートの冷たいお墓に眠って



 NO.396.【 都会生活 】
          の解説

 この作品は、決していい状態でない都会生活を列記して、こんな都会生活のどこがいい、と問いただしている詩です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1222【 吸 血 鬼 】 | トップ | 僕の詩の解説No.397【 醜 男 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事