僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩No.1031【 芸 術 5 】の解説

2017-06-20 10:25:34 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集No.1031
 1992.10.19.作 

【 芸 術 5 】
     にのみや あきら

芸術の中には

わだかまりがある

そしてそれを元に作品が
         生まれる

さらにそのトンネルを

抜けると

感動が待っている

トンネルを抜け出た風景こそ

真の芸術

芸術は

ごまかしはしない

裏切りはしない

崇高な精神であるためには

ごまかしや裏切りは
       もってのほか

芸術は

それ自体が

神様だ


 NO.1031【 芸術 5 】
          の解説

 この作品は、芸術を美化し、誉れ高いものに祭り上げたかった作品です。
 芸術は、神にも等しいが、主張のポイントです。


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩No.1030【 解 放 】の... | トップ | 僕の詩集No.1351【 散 歩 4 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事