僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2008【 自 画 像 12 】

2019-04-15 05:00:00 | 
  自 画 像 12

      にのみや あきら

詩作を続けていると
人との対話が弾むようになり
会話の要点を上手く掴めるようになり
相手に質問するのも上手になり
対話の受け答えも上達した
対話が楽しくなり
抗論も強くなり
全てが好転した

言葉を扱うことが
こんなに人の能力を伸ばし
役立つとは嬉しい限りだ
詩作を始めたのは間違いでなかった
これで
良い詩を創ることが出来れば
この上ない

この詩は少し手前味噌だけど
自慢話・自賛・自画自賛
と言う言葉も覚え
そしてこんな詩になった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕の詩集No.2007【過度】 | トップ | 僕の詩集No.2009【 居 酒 屋 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事