僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2033【 モダンジャズ 2 】

2019-05-10 05:00:02 | 
  モダンジャズ 2

        にのみや あきら


お店に入って
モダンジャズがかかっていると
ホットする
安堵感で心が落ち着く
飲み物が出てくる頃には
すっかり良い気分になる

六十年代前後の演奏には
素晴らしいものがいっぱいある
演奏には心があり人生を語ってくれる
テクニックも抜群
個性のある演奏が沢山残されている

あの時代に集中して
なぜこんな芸術音楽が流行り
残されたのだろう
神への祈りのような演奏は
愛好家に取っては喜ばしい芸術
モダンジャズは
偉業の遺産だ
コメント