僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2011【 繰 り 返 し 】

2019-04-17 06:42:11 | 
 繰 り 返 し

      にのみや あきら 

悪行の繰り返しは駄目だが
そうでない繰り返しは
人生に取って大切
物事を繰り返すことによって
味が出てくる
錬磨して磨きを掛ける
それが人間生活には必要

芸術作品に触れるにしてもそうだ
繰り返し触れることによって
新しい発見があり
その作品をより深く理解し
結果 魂を得られる

人間に磨きを掛けるには
なんと言っても繰り返し
繰り返すことによって 
物事の深さを知り
心となり肉となる
コメント

僕の詩集No.2010【 人 生 35 】

2019-04-17 05:00:02 | 
人 生 3 5

       にのみや あきら

人間死んだら
無になる
だから何も必要ないはず
ところがそれが違う
終焉まで欲を出す
お金をありったけ使って
貴金属を買いあさる
そんな物お墓に持って行けない
持って行っても役に立たない
それなのに何故そんなことをする
欲を張っても無駄
止めた方がいい
家屋にしたってそうだ
残してもなんの役にも立たない
かえって遺族の争いの元

人生
身軽に終わろう
身軽に死んで行こう
コメント