僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.2009【 居 酒 屋 に て 】

2019-04-16 05:00:01 | 
   居 酒 屋 に て

        にのみや あきら

日曜日の居酒屋で
若い男性が
ひとり酒
手を見ると結婚指輪
余計な事だが
連れ添いはどうしたのだろう
休日なのに連れてこなかったのか
寂しい酒だなあ
一緒に呑めば楽しいのに
別々の行動だなんて

連れ添いは何処へ行ってる
気にならないのか
もう愛が覚めてしまったのか
君の様子からすると
まだそんな年ではない
これからだという感じだ
不仲になるのは
別れるのは早すぎる
縁あって一緒になったのだろう
もっと愛を深めなさい

私の勝手な想像

ひとりで吞んで
寂しく去った
コメント