坐禅会 臨済宗南禅寺派圓通寺

Zazen 坐禅会の案内と法話のページ

Zen lecture

2019-05-18 | zen lecture

Zen lecture


寺院建築の大工さんを訪ねて

2019-05-02 | zen lecture

 

アジス・アベイサンダ氏はスリランカで仏教寺院、パゴダや学校などを設計する建築デザイナーです。4月17日、来日の機会にアジス氏と某建設会社を訪れました。社長に会社内と製材工場を案内していただきました。

社長

以前は一般住宅の仕事もしておりましたが、近年は寺院建築専門でさせていただいております。屋根に使う松材などがほとんど手に入らなくなりましたので現在はヒノキを中心に使っています。当社は製材所と貯木場をもっていますので製材と乾燥ができます。その分、建築経費をおさえることができます。一般住宅の建築材はすべて4メールです。寺院建築では、長いものは12メールの材料を使いますので製材所をもっていないとできません。

このヒノキ材は14メートルあります。樹齢は約200年です。山の持ち主さんから依頼があって、直接山から切り出しました。そのように材木市場だけではなく、山から切り出すこともあります。木材の仕入れにあちこち走り回わっています。ヒノキはこのように粗削りをして4年ほど自然乾燥させます。現在、2年乾燥させたところです。ケヤキ材だともっと長く乾燥させなければなりません。木材の種類によって乾燥の方法が違います。当社では機械乾燥はしません。すべて自然乾燥です。ですから完成まで時間がかかります。

丸柱はこのように背割りをいれます。そうしなければ柱にヒビが入ります。背割りの入った方は壁、もしくは目立たない方へ向けます。屋根の中などひびが入ってもかまわないものには背割りは入れません。これは柱の上にのせ、屋根をうける箱組です。このような複雑な曲線はコンピューター制御の機械で削ります。桁に彫る雲の模様や、柱のゾウさんの顔は手彫りです。当社ではそのような彫刻を他の業者に発注することなく、すべてここで職人が彫刻します。

完成しますと屋根材は外から見えません。ですが屋根材の加工がいちばん難しいです。このように手書きで図面を書き、実物大に合板で模型を作り、削ります。屋根のハネ木には神経を使います。屋根瓦の重量は1坪1トン以上あります。それをハネ木の天秤で支えます。台風や地震の揺れをこれで逃がす仕組みになっています。屋根、四隅の木組みは複雑です。屋根の中には外に出た分の三倍くらい入っています。屋根の中でハネ木が重ならないように組みます。

We visited the carpenter master.

Mr. Ajith Abeysundara is a construction designer in Sri Lanka, who design Buddhist temples, pagodas, and a schools. At 17th April this year, we visited the carpenter master and his company at taking advantage of his Japan trip opportunity. The carpenter master showed us his company and lumber-mill kindly.       

The master: 

In years ago, we constructed the ordinary houses. However now a days, we make a specialty of a temple and a shrine construction. Because be hard to get the pine trees which use in the roof, so we use mainly a hinoki ; a Japanese cypress. Our company has the lumber-mill and the lumberyard, so can lumbering and drying by ourselves. Therefore we can reduce the costs. Every ordinary constructions use the wood pillars which has four meter. Sometimes we use it as 12 meter. So, we cannot do it without keeping the lumber-mill. 

This cypress has 14 meter long. It has 200 years. Because of the offering by the mountain owner, we cut down it and hauled out from the mountain directly. Like that, we do it not only the lumber-market but also cutting down from the mountain. Usually, I go to around anywhere for stocking the lumbers. Like that, we keep to dry Japanese cypress with roughly cutting for four years. It has been two years. In the case of a keyaki ; a zelkova tree, we have to dry for four years and over. It is different drying the way according to the kind of tree. We do nothing the machine drying system, always do the nature drying for them. So, it need long time to do it completely.

We cut a slit in a circular pillar like this. If nothing it, the pillars will get many cracks. We will turn the slit cutting side toward the wall or the unremarkable side. We will do nothing it in the roof side, in which may have the cracks. 

These are the setting boxes to be on a pillar and to sustain a roof. The complexed carves are done by the machine, controlled by a computer. A cloud design on the girder or the elephant head are by a hand-carved. This company nothing give an order with another trader. Our craftsmen carve all of them.

When completely constructed it, we cannot see the inside of the roof. However making the roof woods is the most difficult. We will drew it like this on the paper by hand, and will make the full-size model by plywood, and will carve it. We are a strain on our nerves when setting the hanegi ; the balanced wood in the roof. 

The weight of roof tiles has 1 ton kg per 3.3 meter square. The hanegi ; the balance wood support it. It has the mechanism which will release to quake about violently at the earth quake or the typhoon. It has the complicated construction about four corner in the roof. Three times long wood between the outside go through into the roof. We will make it as nothing be piled up each other. 

吉富

スリランカには梵鐘、鐘楼はありません。小さな鐘はあります。お寺の中に木造の建物はあります。実は日本の五重塔は舎利を納めるブッダのお墓ですので、スリランカのパゴダと同じです。比叡山延暦寺の根本中堂と呼ばれる本堂の造りとスリランカ、キャンディー市仏歯寺の仏殿の様式がたいへん似ています。ブッダを祀る厨子の前に煩悩の海を象徴するプールがある、という造りです。これは意外な共通点です。スリランカの寺院建築に使う木材はチーク材が多いです。これは舟の甲板に使う木材で雨に強く、長持ちするですが、堅くて加工しにくいのです。スリランカでは地震はほとんどありませんので、日本の建築とはまったく耐震基準が違います。スリランカの青空はスカイブルーですので、白いパゴダが空に映えてきれいです。日本の寺院建築の技術は1300年ほど前に韓国から伝えられました。それが現在、このように日本の風土や環境に合うようになって残されています。後世に伝えていきたい文化です。

宮寺建築会社のA社長に丁寧な説明をしていただき感謝いたします。アジス氏と奥さまは日本の寺院建築にたいへん感心されておられました。

坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。

都合により6月8日(土)の坐禅会はお休みです。


◯禅とは何か?What is Zen?

2019-04-30 | zen lecture

禅を言葉で理解することは間違いです。なぜなら、禅は体験による理解をたいせつにするからです。禅は形をもっていません。文化的形を借りて表現されます。たとえば書道、絵画、茶道、華道、日本庭園などです。禅は、サンガの伝統をまもり、日本仏教の中では保守的な宗派として知られています。これは私の意見ですが、『スッタニパータ』の中に「サイの角のように」といういくつかの句があります。これが禅修行の原点だと思っています。ですからスリランカ仏教と日本の禅は、出発点は同じだと言えます。

 禅は南インドの国の王子、ボダイ・ダルマによって6世紀に中国に伝えられました。その後、禅は中国哲学の影響を受けて大いに発展しました。ご存知のように、中国では北方民族によって仏教が何度か弾圧さました。それでも禅は法灯を保ってきました。どうしてそれができたかと申しますと、禅は経典や仏像が無くても弟子の教育ができるからです。ちょうどスリランカ仏教がポルトガルによる植民地時代に、その弾圧によって法灯が絶えかけたところ、サンガの努力によって復興したのと似ています。

 先にも述べましたが、禅は形をもっていません。ですからキリスト教徒が坐禅をすれば、本当のキリスト教徒になることができます。物理学者が坐禅をすれば、平和な物理学者が生まれます。世界には多くの争いがあり、政治や宗教の難しい問題があります。それらが禅によって直ちに解決できるとは思いません。しかしこの自分を改革することはできます。ブッダの平和観は自己改革です。これもスリランカ仏教と禅の共通する教えです。共に学んでいきたいと思います。

◯ What is Zen?

To understand Zen through speaking words makes errors. Because Zen appreciates to understand through practicing. Zen has no forms. It is expressed through borrowing cultural forms. For example, calligraphy, drawing pictures, tea ceremony, the flower arrangement, or making Japanese garden. It is well known that Zen keeps the tradition of the Sanga organization and conservative Buddhism in Japan. There are some verses, “as like a rhinoceros horn”, in Sutta-Nipata. It is my opinion that this is the origin of Zen training. Therefore I can say, there is the common starting point between Sri Lankan Buddhism and Japanese Zen.

In the 6th century Zen was conveyed to China by Bodhi Dharma, who was a prince in south Indian country. After that, Zen was greatly developed under the influence of Chinese philosophy, Taoism, Confucianism. As you know, Buddhism was oppressed several times by the northern nations in China. However Zen had kept the Dharma lighting. Why was Zen able to carry out? Because Zen can educate their disciples without Buddhist Sutras or Buddha’s statues. It has common history between Sri Lanka and Zen. During the colonial period by Portugal, Buddhist light was almost going out because Sri Lankan Buddhism was oppressed. But through the efforts by the Sunga Buddhism restoration.

As I said previously, Zen has no forms. So, when a Christian practice Zazen, he becomes a distinguished Christian. When a physicist practices Zazen, he becomes a peaceful physicist. There are so many battles and problems about the politics or the religions in the world. I don’t think that Zen can solve these problems immediately. However, we can change ourselves. Buddha’s philosophy of peace is a self-reform. Also it is the common teaching between Sri Lankan Buddhism and Zen. I wish to learn them together.

 

坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。

都合により6月8日(土)の坐禅会はお休みです。


インダス文明は仏教の下地 The Indus civilization

2019-04-26 | zen lecture

 

現在、パキスタン南部にあるモヘンジョダロ(BC2500~1800)や同北東部にあるハラッパー(BC3300~1700)の遺跡は世界四大文明としてよく知られています。この二つの遺跡を建設した民族はドラビダ人で、現在インドやスリランカに住む人々の先祖です。この都市国家は旱魃によって滅びました。

この遺跡の大きな特徴は、戦争に関する施設や、神殿、宮殿がないということです。これは紀元前1500年ごろアーリア人が移住してくる前の文明です。そのころは戦争がなかった。神殿が無いということは、自然の山々や風を神としていたのではないか、つまり多神教だったのではないか。宮殿がないということは共和制だったのではないかと考えられます。

この都市国家はたいへん進んだ文明を持っていて、タイルを焼き、これで壁や道路を造り、遠くから水を引き、水洗トイレもありました。その様な文明があって、そこへアーリア人の侵入があって、時を経てアーリア人たちにもその文化が影響したのではないかと言われています。

ブッダが生まれた国は北部インドアーリア系16ヵ国の一つです。緑豊かな国に生まれた彼は多神教の中で育ち、共和制の中で教えられ、平和を求める人に育ち、道を求めて出家し、そして悟りを開いたのでした。ブッダは突然、悟りを開いたのではなく、先に述べたようにインド文化が彼を悟りへ導いたのです。ブッダも「自分より前に7人の仏陀がいた」と言っています。

後の時代、インドで仏教は独立した宗教として残りませんでした。しかしこの地スリランカでは2500年の永い灯を保っているのはインダス文明を生んだ末裔の人々の努力と言えるでしょう。自然を愛し、平等を愛し、人々を慈しむスリランカの伝統は、遠く離れた東洋の島国、日本の文化と共通します。

The Indus civilization

Nowadays, it is well known that Mohenjo-Daro in the Southern Pakistan and Harappa in the Northeast Pakistan was two of the great four advanced civilizations in the world. The founder of historic sites were Dravidian. They were the ancestor of people living in Sri Lanka and India. These historic civilizations were annihilated by a drought.

 The prime feature of this civilization is that the war-related facilities, temples, even a palace haven’t found in the remain. This civilizations is regarded to have been established around in 1500 B.C before the Aryan migration. There was no war at the period. The reason there was no temple there is supposed to have worshiped the mountain or wind as gods. Therefore they are supposed to have believed the polytheism. We can understand the reason there is no palace is that the republican government supposed to have reigned the country at that time.

 The city-states had an advanced civilization as follows; burnt ceramic tile, constructed a wall and a road by tiles as well as an irrigation canal from far place, even had a flush toilet. They had the civilization like that. After that the Aryan migrated here. As the years passed, it is said that the Aryan were maybe affected by this civilization.

 The Buddha’s birth-country was one of the Aryan sixteen countries in the northern India. He was born in rich natural environment and grew up in polytheism. Then he studied in the republican government and became a person who looked for peace. After that he become a monk asking the way of humanity, then finally got enlightenment. Buddha didn’t get enlightenment suddenly. As I said previously Indian culture guided him to the enlightenment. Buddha said there were seven Buddhas before me.

After that period, Buddhism could not remain as an independent religion in India. However we could say that the reason that Dharma lighting has kept long for 2500 years in Sri Lanka is through the effort of the descendant who brought the Indus civilization. The Sri Lankan tradition as loving nature and impartiality, giving mercy for each people, are common to the culture of Japan, a faraway island country in Oriental.  

 

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません

都合により6月8日(土)の坐禅会はお休みします。


アベイサンダラ夫妻を観世音寺へご案内して

2019-04-20 | zen lecture

 吉富

この寺は天台宗に属していて、創建以来約1300年の歴史があります。スリランカの仏教は2500年の歴史ですので、それから比べると新しいですが、この寺は日本で最も古いお寺の一つで、天智天皇の創建です。建物は16世紀の再建です。仏像はどれも5メートルもあり、平安時代、鎌倉時代の作で、国の重要文化財に指定されています。どれも一本の木でできています。スリランカの上座部仏教では仏像は釈迦如来だけですが、大乗仏教にはたくさんの仏像があります。その理由は、人にはいろいろな立場があり、職業があり、お国柄があり、それぞれ違った考えをもっています。その立場に応じてブッダの説法があるということです。観世音菩薩は大乗仏教ではブッダの慈悲を表しています。ブッダは「たとえば母親が命をかけて我が乳呑児をまもるように、周囲の人々にも愛情をそそぎなさい」(スッタニパータ)と言われました。その姿が観世音菩薩です。日本人は仏陀の教え、慈悲を母親の愛情に重ねて理解しようとます。それで日本の仏像はお母さんの顔に似ているといわれます。外国の仏像と比べると、そのことがよくわかります。ブッダの愛情は場合によって厳しいこともあります。それが隣の馬頭観音で、怖い顔をした仏像です。こちらは阿弥陀如来です。インドで1世紀ごろに起きた「阿弥陀信仰」を説く仏像です。周りの4体は仏教を護る神さまたちで、いきいきとしています。仏像の頭を見てください。髪の毛が二段になっています。体全体が流れるような衣の模様になっていて、ふくよかな女性のように丸みをおびています。これをグプタ様式と呼びます。4世紀から6世紀インドのグプタ時代にできた仏像様式です。それが中国へ伝わり、朝鮮から日本に伝わりました。日本の仏像はほとんどこの様式です。ガンダーラ様式はギリシャ風です。創建当時の屋根瓦を展示してあります。インドの「カパーラ」が日本語の「瓦」になりました。スリランカのシンハラ語でゴミのことを「ガラクタ」と言いますね。日本語でも役に立たない物を「ガラクタ」といいます。シンハラ語と日本語は全く違う言語ですが仏教用語はほとんど同じです。たとえば、菩提=ビディー、達磨=ダーマ、般若=パンニャ、舎利=スリー、雛(小さい)=ヒナ、などです。探せばまだたくさんあるでしょう。

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。


Zen Buddhism lecture -1

2019-02-12 | zen lecture

”Kanjijai-Bosatsu is all beings” 


In the Tang era, a translator translated from India words with lots of pains. Kanjijai-Bosatsu and Kanzeon-Bosatsu are same word of which translated Avalokitesvara. Bodhisatova in India Theravada Buddhism era, was the before situation when Buddha’s enlightenment. As for Mahayana, it means all beings of what destined to become a Buddha.


Buddha taught us that we have a figure of what getting enlightenment as it is. Let us face up to reality and pray for all, that is Buddhist faith, and to inquire into oneself, that is Zazen. Zen practicing need to have this belief and meditation.


I believe that we must be reflect on our past to slough off the thinking about the advantage over all beings. Let us believe to have Buddha’s hart within all beings, as it is.


Giken wrote it with bows


●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 ◯3月16日(土)の坐禅会はお休みします。

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。




Dialogues with American religious priests

2019-02-07 | zen lecture

 Zazen

 At the end of July 2004, I got a phone call from a certain faculty of theology in Kyoto City.

‘We hold the seminar with American monotheism priests while once time in a year. So, we arrange sixteen priests to Kyoto when this autumn. We will take the vegetable cuisine in Tenryuji. And we hope to practice Zazen in Nanzenji.’

I agreed to their proposal. The schedule is at 15th November.

When going through the canal bridge on the right of facing Nanzenji office, there is Nanzenin. In 1291, it is the honorable temple from when Nanzenji founded. At that day, I invited them to that place. Firstly, I guided the method to practice Zazen and they did Zazen for half an hour. After that, I remarked that please give me your question. Then, one of the priest with good physique asked me a question.

‘I can hear many birdsongs. How many birds singing at all? The sound of breeze and the babbling of brook are beautiful. I have nothing experience like that until now. Why?’

I answered.

‘You might have clean ears by practicing Zazen. When you do sit calmly so you can get a calm sense. Then, you can hear good birdsong.’

Next their question are what the problem of education of successors and the decrease of the followers or regarding the issue of streamlining of the churches. Both in the East and the West, these are the same matter of worries for churches and temples.    

 ‘Participating the tea ceremony’

After practicing Zazen, I guided them to the tea ceremony room. A couple time in a month, those who participating Kyoto branch office of the Shohen schools are practicing tea ceremony in Nanzenji. I asked the teacher to take part in it, so she willingly agreed to do. Because of small room I guided them into the room by dividing two times.

One of the participator who is a woman protestant priest remarked.

‘Her handiwork is beautiful. The teakettle’s sound is very good. I enjoy the calm of the boiling sound like that.

The tea ceremony teacher explained.

‘The Shohen schools is one of the tea ceremony school for the samurai class. It began in the Age of Civil Wars (the 15th century ~the 16th C). How to exchange bows or another manners, we will do like squaring our elbows. In ancient times, the military commanders was fond of it. In the tea ceremony room, we will put in the incense into the fire under the teakettle.’ 

A rabbi in Judaism asked the teacher.

‘Why do you put in an incense into the fire? What is the raw material of it?’

The teacher answered.

‘There are five kinds of incense in a year. We change them according the seasons. There are many kinds of the incense’s materials. Those are made by an aromatic tree or a drying flowers. About your asking, why do you put in the incense? It is the service for the visitors. When inviting visitors to the tea ceremony room, look after them attentively. It is important mater. I put the incense on the tokonoma (the alcove) too.’

On the tokonoma, there is the hanging calligraphy which was wrote in ‘IKKU NI NOMITUKUSU SEIKO NO MIZU(一口吸尽西江水)’. One of the participator asked me about its meaning. I answered her.

‘Seiko means the Yellow River in China. In USA, it means the Mississippi River. It might call the Pacific Ocean. We don’t discriminate between drinking a cup of tea and drinking all the Ocean’s water. When drinking a cup of tea, we able to be marvelous action immediately. It means like that.’

Practicing Zazen and the religious exchange was closed peacefully. This Zazen meeting was a chance that will never come again for me.

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。


“Zen master Hakuin“-4

2018-12-12 | zen lecture

 His economically poverty life

Though monks became gathering, Shyoinji was as poor as ever. One day there was a cold soup with the lunch cuisine. When Hakuin look at it, a worm being swam in it. So, Hakuin summoned Tenzo (the cook) and scolded him.

Tenzo said.

‘Some maggots had bred in the shoyu pot. Because pity them to kill, I considered it has still nothing poison, so I cooked it adding water to a soup.’

Hakuin reworded him.

‘In that case, do you have new shoyu?’

Tenzo replied.

‘We cannot buy new shoyu because of this temple being poverty. Then I went to a shoyu shop, there was a shoyu pot which goes rotten and will be throw out. So I was given it and went back this temple.’

 

On another occasion, one of asked monk found a pot which an offensive smell like a scorched rice at the kitchen.

He asked another monk.

‘He said that is master’s pot. When furtively open it, there was a black scorched rice in it.’

The monk asked Hakuin.

‘What is it?’

Hakuin reworded him.

‘This is your eaten remaining rice. Because it is wasteful, so, I will boil it again and eat it.’

 

◯”Hokke sutra"

When Hakuin had sat all-night reading ‘Hokke sutra’ at his forty two years old, was impressed by profound teaching in ‘Hiyubon’, so, he reached a depth thought than until that time.

He said.

‘In my youth I could not understand Hiyubon’s profound teaching. However, after practicing Zen for long while I was impressed with it.’

It is the reason why Zen has a family tradition to respect practicing, so, the Zen training hall nothing explain in detail about ‘Hokke sutra’. Zen have adopted a policy that after practicing Zen he who learn a sutra can be awakening like Hakuin.

 

◯ Hakuin’s distinguished achievements can classify like this.

*  He was an eminent teacher.

*  He taught Zen for ordinary people than until that time.

*  He educated many prominent disciples.

*  Those who around loved him.

*  He had the power to see into the future.

The power to see into the future means that to have considerable insight as for future. That means what nowadays Zen become a popular culture and to be widely praised in the world. For example it is Zen picture like a Dharma drawing. And Kana Dharma lecture is in it. The world of today, ‘Zazen wasan is translated in English or German language. And they chant it in Japanese at Zen training hall all over the world. So, the global Rinzai Zen give well done achievement due to sowing by Hakuin.

 

◯清貧の生活

雲水が集まってくるようになったとはいえ松蔭寺の貧乏は相変わらずでした。ある日の斎座(昼食)に冷たい汁がそえてあった。白隠がその汁椀をのぞくとその中に虫がおよいでいたので典座(炊事係)を呼んでそのことを叱責しました。

典座はこのように言いました。「醤油瓶に虫がわいていました。殺すのはかわいそうで別に毒にはならないと思ったので水を加えてお汁にしました」

白隠は言いました。「それなら新しい醤油はないのか」

典座は言いました。「この寺は貧乏で新しい醤油を買うことはできません。それで醤油屋に行ったら腐って捨てようとしている醤油があったので、それを貰ってきました」と。 

また、あるとき雲水が典座寮(台所)に何やら焦げた匂いのする土鍋があることに気が付きました。他の者に聞くとお師匠さんの鍋だというので、そっと開けてみると真っ黒な焦げ飯が入っていました。

その雲水が白隠にたずねました。「これは何ですか」と

白隠はこたえました。「これはお前たちが食べ残したものじゃ。もったいないので炊きなおしてわしが食べておる」と。

 

◯『法華経』

白隠は42歳のとき一晩、『法華経』を読んでいたとき、その中の「譬喩品」の奥深い教えに感動して、それまでより深遠な境地に達しました。白隠は「若いころ譬喩品を読んでもその内容が深いとは思わなかったが長年禅を修めてからこれを読んでみるとその教えの深さに感動した」と述べています。禅は実践を重んじる家風ですので、禅道場では『法華経』を詳細に解説することはしません。白隠のように禅を修めたのちに経典を見れば悟ることができるという方針です。

 

◯先見の明

白隠のすぐれた点を次のように整理することができます。

➀ すぐれた教育者であった

➁ 禅をそれまでよりも庶民のものにした

③  勝れた弟子がたくさんあった

④  周囲の人たちから人格的に慕われた

⑤  先見の明があった

先見の明とは将来を見抜く高い見識のことです。その先見とは「禅は庶民の文化になり、ひろく世界で称賛されることになる」です。ダルマ絵などの禅画がそうですし。「坐禅和讃」などのカナ法語もそうです。今日では「坐禅和讃」は英語やドイツ語に翻訳され、また日本語のままで世界中の禅道場で唱和されています。ですから世界的な臨済禅は白隠の種まきによって良き成果を上げています。

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。

 


“Zen master Hakuin“-3

2018-12-05 | zen lecture

  庵原というところに平四郎という石工がいました。ある日、平四郎は石地蔵を山の中の滝つぼのそばに安置しました。滝つぼにおちる珠をおどらせているような水の泡を見ていると、30センチメートルいって消えるのもあれば60~90センチメートル、あるいは2~4メートルいって消えるのもある。世間の無常はすべてこれらの泡のようなものだと思い、いてもたってもいられなくなりました。以前、お寺の和尚に読んでもらった法語を思い出しました。「勇猛な修行者はすぐに覚ることができるが、怠け者は気の遠くなるほどの時間を経なければ悟ることはできない」と。

それで家に帰って風呂場の戸を閉め、背筋を伸ばして一心不乱に坐禅をしました。最初のうちは妄想がおき、これと格闘しました。するとついに三昧の境地に至ったのです。朝が明けるとスズメが家のまわりを飛びまわり鳴くのを聴きました。自分の感覚はなくなっていて、目の玉が飛び出して地上に落ちているのを見ました。次の瞬間、爪の際が痛いのを感じ、両目は元の位置に戻って手足の感覚も戻っていました。そのようにして三日間、坐り続けました。

三日目の朝、顔を洗って庭樹を見ると以前の様子とはまったく違って見えました。近くの寺の和尚にそのことを話したが何も言われませんでした。そこで白隠禅師に会ってみたいと思い、籠にのって峠を越えたところで小浦の風景を見ました。そのとき初めて「世の中の様子は成仏の姿だ」と分かりました。そうして白隠に会って参禅し、いくつかの公案を透過しました。

白隠禅師『臘八示衆』「第五夜」より筆者現代語訳

(English)

A stone engraver whose name was Heishyro lived in Ambara, One day, he setting up the stone image of Jizo by neighboring the pool of a waterfall in the forest. When watching the bubbles in the pool like a dancing drop water, one of them disappeared by going 30 centimeters, or another one do by going 60~90 centimeters or 2 ~4 meters. When imagining as uncertainty of this world like these dropped water, he was too anxious to sit doing nothing. The other day, he remembered the Zen words gave to read by a monk. ‘A brave monk will get awakening soon but he who live in idleness have to spend long while so far until getting awakening.’ 

 So that, he went back his home and shut the door of bath room, and had practiced Zazen with his whole heart. At the beginning he had a wild fancy and struggled them. Then, he reached the point of awakening. When the sun rise, he heard Sparrows were fluttering and chirping around his house. He was nothing sensitive and looked at his eyes falling on the ground. At the next moment, he felt a pain in his fingernail’s edge and his eyes got back to normal, and his sensitives came back. Like that, he had practiced Zazen while three days.

 Three days later after that, in the morning when washing face and looking at the planted trees, he felt to be completely different from until then. He asked about it to the neighboring temple monk. However he said mothing. Therefore he became to wish meeting Hakuin. And he saw the location of Oura town when crossing the ridge riding on a palanquin. He awaked for the first time that all circumstances in this world are Buddha’s figure. Then he met Zen master Hakuin and done Zen dialogue. So he could pass several Koans:paradoxical questions for Zen.

“Rohhatsu Ji Shyu” the fifth night by Zen master Hakuin  

 

写真:圓通寺境内

坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします


“Zen master Hakuin“-2

2018-12-02 | zen lecture

Thanks to Dokyo's guide, Hakuin got genuine enlightenment and got the chief priest of Shyoinji at his thirty three age. He taught neighboring children reading and writing. It is said a ‘Temple school’. During that period, a temple had combined serving a primary school. Hakuin taught a lumber dealer’s child how to make an entry in the account book and taught an innkeeper’s daughter how to register at an inn. Therefore the parents rejoiced from the bottom of their heart because of useful learning for their family business. Fortunately it became gathering a lot of people. Hakuin taught children in the temple school or leaded the neighboring old woman, that was connected to write ‘Zazen Wasan’ and another writing Kana Dharma Songs. At that time, Zen became for ordinary people in five hundred years passed since conveyed from the continent. 

Hakuin had great disciple whose name is Gasan(1727~1797)and Gasan had excellent disciples whose name were Inzan and takuzyu. Present Linzai sect is under their tuition. Forty-one specialty training hall of present Linzai sect have come to the present time according to make training arrangements by them. We wrestle with Zen training like staking life, so Zen might be said stoic religion. However it is nothing.

 There is a Hakuin’s episode regarding much human nature. At that time Hakuin taught children reading and writing at the temple school. The certain neighboring daughter and young carpenter loved each other. Then the daughter got pregnant. At that period in Japan, it could not marry without their father’s permission. So giving birth a baby, of course, is out of the question. Now this is serious. Her father was red with anger and asked her. ‘Who is your baby’s father?’ 

Her father carried the baby in his hand and came to say complaint to Hakuin.

‘My daughter said this baby’s father is Hakuin oshyo. So, you have to take care of this baby.’    

 Hakuin said nothing and held the baby in his arms. Of course he was not the baby’s father. It was serious. Naturally, he had nothing experience to raise a child. However, he gave the baby piggyback silently and visited to give a mother’s breast for the baby at another house in a snowfall. Of course because there was nothing milk powder at that period, to raise an orphan baby have to visit a woman who has a baby and give her breast for a baby. Hakuin had cared the baby without speaking.

After a while, the baby’s mother said to her father.

‘Father, I told a lie, sorry. My baby’s father isn’t Hakuin oshyo and is this young carpenter.’ 

Her father forgave her telling a lie and approved their marriage. Then he apologized to Hakuin oshyo and took back the baby.

 

道鏡の指導のおかげで本物の悟りを得ることができた白隠は33歳で松陰寺に住職し36歳のころまで寺で子どもたちに読み書きを教えました。これを寺子屋と呼びます。当時の日本では寺院は小学校を兼ねていました。白隠は材木屋の息子には店の記帳を教え、旅館の娘には宿帳の書き方を教えました。ですから子どもたちの両親は喜びました。家で役に立つ勉強だったからです。おかげで白隠のもとには多くの人々が訪ねて来るようになりました。白隠が寺子屋の先生であったことや近所のお婆さんに禅の指導をしたことは、その後に「坐禅和讃」やその他の仮名法語のできる由縁になったのです。ここに禅は大陸より伝えられてから500年で庶民の禅になりました。

白隠には峨山(がさん)(1727~1797)というすぐれた弟子があり、峨山に隠山と卓洲のすぐれた弟子ができます。現在の臨済宗はその門下です。現在の臨済宗の41道場は彼らによりその修行システムがととのえられ現在に至っています。禅の修行は命がけで取り組むので、禅はストイックな性格の人間をつくるのではないかと思われるでしょう。そうではありません。人間性にあふれるという白隠の逸話があります。   

 白隠が松蔭寺の寺子屋で子どもたちに読み書きを教えていたころのことです。ある近所の娘さんが若い大工さんと仲良くなりました。そして彼女は妊娠しました。当時の日本では親の許可がない結婚はできませんでした。ましてや子どもを産むことは赦されなかったのです。さあたいへんです。彼女のお父さんはカンカンに怒りました。「おなかの子の父親は誰か!」と。彼女はでまかせに「白隠さんです」とウソを言ってしまったのです。お父さんは白隠の信者ですので、そう言えば赦してくれると思ったのでしょうか。

彼女のお父さんは生まれたばかりの赤ん坊を抱えて白隠のところへ来て言いました。「わしの娘がこの子は和尚さんの子だというのでこの赤ん坊を引き取ってくれ」と。 

白隠は何も言わずにその赤ん坊を抱きかかえました。もちろん白隠はその子の父親ではありません。さあたいへんです。もちろん白隠は子どもを育てた経験はありません。それでも白隠は黙ってその子を背負い、雪の降る中を「もらい乳」にまわりました。当然、粉ミルクはありませんので母親のない赤ちゃんを育てるには、赤ちゃんのいるお母さんを訪ねてお乳をのませてもらうのです。白隠は何も言わずその赤ん坊の世話をしました。

しばらくしてその赤ん坊の母親は父親に言いました。「お父さん、私はウソをつきました。あの子の父親は白隠さんではありません。この若い大工さんです」と。彼女の父親は娘のウソを赦し、若い大工さんのとの仲をみとめ、そして白隠にお詫びをして赤ん坊を引き取りました。

 

坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします

 


“Zen master Hakuin“-1

2018-11-22 | zen lecture

At 330 years ago, Zen master Hakuin was born in Hara where Numazu City Sizuoka prefecture at present. It is said that he was the prominent Zen master who appear once in five hundred years. All of the present Lynzai Zen priests are the branched disciples of Zen master Hakuin. Each the fourteen temple groups of Japanese Linzai Zen sects are independent on their own. However, they have the common doctrine altogether. They have assembled the group which named Lynoh Ghogisyo:The organization of council system in all Lynzai and Ohbaku sects.

 Hakuin’s quite an achievement was what changed teaching Zen for ordinary people. Those who practiced Sanzen under Hakuin was 1300 disciples. Those who got enlightenment was about fifty disciples. Until that time, those who learning Zen were the statesmen or their surrounding people restrictively. One of his disciple was a neighboring old woman. They were noble Zen learned persons. People of every social stratums had come together under Hakuin’s teaching. 

Hakuin had been an all-night practicing Zazen when his twenty four years age. At hearing the sound of the big bel from far away, he got enlightenment. However, it was nothing genuine of enlightenment. He was a conceited mind that there was nothing monk got enlightenment extremely in three hundred years like me.

Thanks to a recommendation by his colleague, he visited Zen master Dokyo Etan (1642~1721) in Iiyama (presently Nagano prefecture).  Dokyo had studied under Zen master Sidho Bunan (1603~1676). Hakuin was taught by him to change his conceit.

 「白隠禅師」

白隠禅師は今から330年ほど前に原、現在の静岡県沼津市に生まれました。禅師は500年に一度のすぐれた禅僧といわれます。現在の臨済宗の僧侶はみな白隠の門下生です。日本の臨済宗14派はそれぞれ独立していますが禅における教義はまったく同じです。臨済宗各派で「臨黄合議所」というグループを作っています。

白隠の最も大きな功績は禅の庶民化です。白隠に参禅した弟子は1300人、悟りを開いたとされる弟子は50名ほどです。それまで禅を学ぶ人は為政者かその周辺の限られた人々だったのですが、白隠の弟子の中には近所のお婆さんもいて、それぞれ立派な禅者だったのです。白隠の元にはあらゆる階層の人々が集まりました。 

白隠は24歳のとき夜を徹して坐禅をし、夜明けに遠くの寺の鐘の音を聴いて悟りを開いたのです。しかしそのときはまだ本物の悟りではありませんでした。「自分のように痛快に悟ったものは300年間だれもいないだろう」と高慢な気持ちでした。白隠は友人の勧めで飯山(長野県)に道鏡慧端(1642~1721)を訪ねました。道鏡は至道無難禅師(1603~1676)について立派に禅を修めた人でした。そこで白隠は道鏡によってその高慢な気持ちを指導されたのです。

 

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。

 


社員研修

2018-11-14 | zen lecture

(株)ビーキューブ社員研修会 2018年11月14日 於圓通寺

研修プログラム
* 説明 13:00~13:10
* 坐禅 13:10~14:00(15分を3回)
* 休憩 14:00~14:15
* 法話 14:15~15:00
* 写経 15:00~15:45
* 掃除 15:45~16:00
* 解散 16:00

◯法話「おもいはすべてをすぶ」(おもいは一切を支配する)

意は諸法にさき立ち(おもいはすべてにさきだち)
諸法は意に成る  (すべてはおもいになる)
意こそは諸法を統ぶ (おもいこそはすべてを支配する)
『法句経』第二
* ブッダの言葉『法句経』とは
* どうして思いは大切か
* 勘をはたらかせるにはどうしたらいいか
* スティーブ・ジョブスと坐禅
◯ 食について
・ロシアの寿司ブーム
・ロシアの食材と健康茶
・ロシアの裏千家茶会と坐禅会
・日本食はおもてなしの文化

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。

 


Zen lecture ”The verse with breaking off meal by water"

2018-09-29 | zen lecture

「折水偈」


我此洗鉢水 如天甘露味 


施与鬼神衆 悉令得飽満 


唵摩休羅細娑婆訶

 


”The verse with breaking off meal by water"

I will clean my bowls with water, tasting as good as heavens.

By give them for all ghosts, they will make to feel fullness all.

Ohn, makurassai sowaka.(Oh, I appreciate this meal.)


●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 

久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-035

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。



一期一会

2018-07-21 | zen lecture

「一期一会」

Japanese : Ichigo ichie

English : Treasure every meeting, for it will never recur.

 

一生に一度の出会い。一期とは一生のこと。たとえ、これまで何度出会ってきたとしても、

あるいはこのさき何度出会うとしても、今この瞬間の出会いはもう帰ってきません。

今この瞬間は一度きり。だからこそ、一瞬一瞬をおろそかにせず、大切にして人と交わりたいものです。

今こうして出会えたことへの感激と感謝をもって人と接していきたいものです。

 English

I have merely once encounter with you in my life. Ichigo means our lifetime.

For example getting many encounter till now, or again in the case of meeting many times from now on, the relation in a moment will never recur.

The time in a moment is only once experience. That is why have to be treasure every single moment and want to be good relations with others.  

Have to have good relations and to meet others with deeply impressed and appreciation from now on.   

 

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

8月11日の坐禅会は、お休みです。8月18日より平常どおりです。

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。

 


About Zen

2018-07-13 | zen lecture

 (4)  About Zen, conveyed to Japan

Rinzai Zen-master was the tenth successor from Bodhi Dharma. While that period in China, Buddhism was persecuted by the politics. It had been confused in political affairs. Therefore the way of his teaching had the tense atmosphere every single time. 

Rinzai’s temple had stood beside Codaga River. He taught like that. ‘The fish jumps up and downs with all might so you have to be brisk like that every time.’ He respected disciple’s active done above everything else. 

Like that Zen conveyed to Japan from China by Eisai Zen master when eight hundred years ago. They conveyed Chinese cultures simultaneously. That was the tea culture or the calligraphy method and Chinese poetry etc.

Eisai brought the seeds of tea and spread the tea culture. At that time in Zen temple they had offered a tea as medicine for the pilgrims. It became to grow the tea ceremony. Ancient Chinese culture have built the foundations of Japanese culture by making relation with our climate.  

 

●坐禅会 毎週土曜日午前6:25~8:00 久留米市宮の陣町大杜1577-1圓通寺 

初心者歓迎 参加費無料 詳細は電話でお問い合わせください。℡0942-34-0350

初回参加のみ千円。二回目以降つづけていただければ無料です。

●学校やクラブなど団体研修 坐禅申し込み随時うけたまわります。出張も致します。

費用はご希望に応じます。宿泊はありません。出張講座もいたします。


動画

Zen lecture