いつまでも、いきいき元気

最高の贅沢は健康と若さ!キレイの基本と体への思いやり情報を中心に、情報を提供

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野菜・果物で死亡リスク低下? 24年間で9千人調査

2015年01月20日 | 健康情報

 野菜や果物を多く取る人は、脳卒中や心臓病の循環器疾患で死亡するリスクが低下する-。

人間総合科学大(さいたま市)の奥田奈賀子准教授の研究グループが、約9千人を24年間

追跡調査して明らかにし、論文を14日付の欧州臨床栄養学雑誌電子版に発表した。

対象は、昭和55年に実施された国民栄養調査に参加した当時30~79歳の全国の男女

約9千人。同年の3日間に取った食事から、野菜と果物の摂取量に応じてグループを四つに

分け、平成16年までの生存や死亡の情報を集め、統計手法を用いて分析した。

野菜と果物を1日に計280グラム程度摂取したグループと計490グラム程度摂取した

グループを比較すると、多く取ったグループは少ないグループより死亡リスクが28%低下

していた。

計650グラム程度の摂取では同様に26%低下した。野菜のみ、果物のみでも摂取量が

多ければリスクは低かったという。

 

2015年1月16日 サンケイ新聞) 

ブログランキングにクリックお願いいたします

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 下半身型冷え症 | トップ | 生活不活発病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康情報」カテゴリの最新記事