小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

癒しの湯気とタラの梅おろし煮

2008年01月22日 | ・その他の魚介類
たくさんのお見舞いコメント、ありがとうございます。
連日お粥さん生活だった小太郎ですが、おかげさまで元気になれそうです♪
予報より少し遅れてやってきた寒波で、今日明日は列島各地も冷え込むもよう。
みなさんも気をつけてくださいね。

<生わかめと豆腐の生姜蒸し・タラの梅おろし煮・すじコン・白飯のおにぎり>
        

●生わかめと豆腐の生姜蒸し
わが家の最もローカロリーな蒸篭料理。
三陸産の生ワカメと固もめん・シイタケの上にたっぷりの刻み生姜を散らして
せいろで10分蒸しました~。
ローカロリーでパワーの源にこそならない絵ですが、
蒸したワカメのふわふわと柔らかい食感がたまらなくやさしい一品。

たっぷり生姜の風味があるので、醤油orポン酢はごくごく少量でいただけます。

●たらの梅おろし煮
今日使ったのは安価な解凍もののタラ切り身。
         
まずは煮汁の用意。
だし汁カップ1・みりん大さじ1・薄口しょうゆ大さじ1弱を小鍋に温めます。
仕上げに使う大根おろし・刻み梅肉をこのタイミングで用意しておきます。

タラは皮と骨を除き食べやすい大きさに切り、
片栗粉を薄くまぶして油で揚げます。

煮汁を一煮立ちさせたら大根おろしを汁ごと加えて沸騰させ、
水溶き片栗粉でゆるくとろみをつけます。
最後に刻んだ梅肉を加えてまぜたら揚げたタラを投入してできあがり。

煮汁に大根おろしやタラを加えたらあとは長々と加熱しません。
大根おろしの食感が悪くなるうえに、せっかくのタラの衣がはがれてしまいます。
タラとおろし汁はさっと和える程度というのが目安です。

●牛すじとコンニャクの煮込み
時々たっぷり作っては冷凍保存してある牛すじの煮込み。
「作っといてよかった~」
 ※作り方はこちら → 『今夜は飲みすぎ注意報
         
牛すじの煮込みは保存容器でにこごり状態にしてから適量に切り分け、
冷凍保存しておいたもの。
解答したらあく抜きしてスプーンでちぎったコンニャクとともに煮込みます。
七味とたっぷりのネギを散らしたら出来上がり。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kitchen Shop ・marusan | トップ | 揚げ鯖のネギソースとせいろ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ココ)
2008-01-23 11:12:33
小太郎さんこんにちは
お風邪はもう大丈夫ですか?
寒くなったりとおもったら暖かかったりと変な気候がつづきますよね。
無理なさらないで下さいね。(^^)
私の元気を分けてあげたい(ココ3年くらい風邪引いてないんで)
タラのうめおろしさっぱりしていて美味しそう。
お豆腐大好きなのこちらもサッパリ。(^^)
おなかすいてきちゃいます(^^)
かぜひきさん (aspara)
2008-01-23 13:49:06
いかんですね~
連日の雨で、洗濯物は乾かんし、気分もめいりますね。

私ねー、おばかさん…
セイロって、二段にしてどんな大きな鍋で蒸すんだろう? と思ってました。
フタがあるんだもん、アレのままでいいのよね。
中華料理でも、中華なべにセイロだけ乗っかって蒸されてますもんねー。
私、蒸し器の中にセイロ入れて、蒸し器のフタして蒸してました・・・
そっかー!!
Unknown (sora)
2008-01-23 15:44:32
小太郎さん、こんにちは~~~!
お風邪のほうは、もう大丈夫なのでしょうか???
急に寒いし暖かくして、しっかり治して下さいね~☆
しかし、アルコール消毒が出来ないとは重症ですね~(^^ゞ
私も少々の大量不良はアルコール消毒でふっ飛ばします(笑)

お豆腐・わかめ・しょうがのコラボ、グッときてしまいました♪
生ワカメに生姜醤油にちょこっと付けて頂くのも美味しいけど
寒い時期には、こんな風に温めて頂いたらベストだろうな~^m^
身体がポカポカ暖まる生姜、私もせっせと食べて、寒さを乗り切らなきゃ☆
朝は全く降っていなかった雪が、午後になってチラホラ・・・。
少々積もりつつあります(^^ゞ明日の朝は早めの出勤だぁ(-_-;)
こんばんわ! (mame)
2008-01-24 00:09:44
覚えていただけているでしょうか?マメと申します★
パソコンがなかったため、こちらに顔が出せなくなっていましたm(__)m
またつながりましたので、お邪魔させてください最近苦手だった魚料理に挑戦しているんですけど、臭みが取れていなかったりで失敗しています。
臭みはどうすればいいんでしょうか
祝!復活 (雌牛)
2008-01-24 01:08:39
今日のmenuは飲み復活ですか?
まずはこれだけのお料理作る気力がでた事をお祝いしましょう!

いいな、ワカメと豆腐の生姜蒸し~わが家は小僧がまだ生姜の味を楽しめないのでこういうものでも生姜は後添えになってしまいます。生姜の香りは一緒に蒸すと一層ですよね・。。
今度蒸篭をわけてしてみようっと。

わが家は今日、久しぶりに休肝日。夫も毎日の晩酌で休み無かった上に、仕事上の飲みも加わりさすがにまずい、と思ったらしく私の決定した休肝日宣言におとなしく従って?くれました。

夫婦で長く楽しい晩酌生活続けるためには、時々我慢しないとね。

私は明日、会食こみの仕事が入り、夕方~夜、小僧を夫に頼むため明日の夕食の仕込みをしてました。明日も夜は寒いでしょうから、ロールキャベツ。。作りながら食べたくなりました(笑)

牛すじ肉煮も作り置きしておくといいですね。参考にします!

あ、パンチェッタ、適当にアレンジして作ってみました。美味しかった!ありがとうございました!

あつあつ食べたいです~!! (ともももも?)
2008-01-24 09:11:20
蒸し料理!!お野菜だけと思っていたのですが
お豆腐もいけちゃいますか~♪
柔軟な発想がいいですね
蒸し器は、本当にすばらしいっ!!
小太郎さんがどれだけ、オススメしてくださってるのか
よくわかります~
早く買いに行かなくちゃっ!!

鱈の梅おろし、いいですね~!!
梅であっさり。鱈でボリューム
本当においしそうっ!!

小太郎さん、復活おめでとうございます~!!
小太郎さんが寝込まれてる間は
旦那様もいっしょにお粥さんでしょうか??
まだまだ寒い日が続きそうです。
お大事になさってくださいね
Unknown (・ココさんへ、)
2008-01-24 09:43:43
ココさん、こんにちは。
残すは咳と声変わり?だけなので、あと一息です。
ご心配かけました~。

タラの梅おろし煮、
さっぱりと軽い食感と味にトロリとした大根のあん。
喉にも優しいけれど、しっかり体も温まります。
以前にはサバで作ったけれど
魚しだいでこうも違うものかと楽しくなりました。
どちらもお勧めです。
Unknown (・asparaさんへ、)
2008-01-24 09:48:15
asparaさん、こんにちは。
今年はここまでがずいぶんと温かかったからねえ~。
急に例年通りの寒さに戻られただけで体がびっくりしたのかな。
asparaさんもご注意を♪

でも結構多いらしいよ。
大きな蒸し鍋の中にセイロを入れて蒸したり、
フリーサイズ蒸し器にのせて大きな鍋に蓋して蒸したりする人。
小太郎は運よく知ってはいたけれど、
使う前にセイロを水に浸しておくという技は今回初めて知りました。
でも、これってなかなか乾かんよねえ。

Unknown (・soraさんへ、)
2008-01-24 09:53:35
soraさん、こんにちは。
soraさんよりもずいぶんと暖かいところに住んでるのにね~。
今は声が変なので、確認するために声を出して独り言が増えてます。
一昨日はお猪口一杯、昨夜は二杯で消毒しましたよ♪

豆腐とワカメなんて汁ものの具のようでボリュームこそないけれど
蒸したわかめはふわふわしてとってもおいしかったよ。
生やゆでよりぐっと優しい印象です。
今は三陸産の生わかめがとっても安価に出回ってるので
せっせといただいてます~。

早出、ご苦労さまです。
soraさんも風邪などひかないように気をつけてね。
Unknown (・mameさんへ、)
2008-01-24 10:01:52
mameさん、お久しぶりです~♪
覚えてます。
でも、mameさんがしばらくいらっしゃらない間に新しいお友達にもmameサンというお名前の方が来てくださるようになったので、
一時同一人物なのかと混乱してました。
お二人の区別がつくように、何とか考えなきゃ♪

魚の臭みというのはやっぱり主に青魚系かな。
ブリやサバなどの切り身を焼く時は
軽く塩をふって10分ほど置き、出てきた水気をキッチンペーパーでふき取ってから焼く。
煮る時には同様に軽く塩をふって置いてから、熱湯をかけて霜降り状態にし、
表面の汚れを洗い流してから煮るとか・・・
軽いふり塩は効果大らしいよ。

コメントを投稿

・その他の魚介類」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

料理レシピ紹介サイト: たら(マダラ/スケソウダラ)鱈 ブログでCookin (料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!)
「たら(マダラ/スケソウダラ)鱈」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。