小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

素揚げタケノコと豚肉の木の芽炒め♪ 生きくらげのナムル

2019年04月17日 | ・豚肉
4/3、今季お初のタケノコを
オットが一番好きな食べ方でいただきました~。
今年もやっぱり実家経由でしたねぇ。

<素揚げタケノコと豚肉の木の芽炒め・生きくらげときゅうりのナムル・ワラビのたいたの・トマト>
          

●素揚げタケノコと豚肉の木の芽炒め
タケノコの到来を待ちかねていたかのように、実家の木の芽が茂ってました。
どちらも頂き物だというのがいっそうありがたい♪
  ☆作りかたはこちら → 『素揚げタケノコの木の芽炒め
  ☆わが家のタケノコ料理いろいろ → 『タケノコ特集


●ワラビのたいたの
ワラビは産直市で手に入れたもので、松山あげとあわせて。


●生きくらげときゅうりのナムル
太陽市に最近出ている生きくらげ。
下処理の仕方から美味しい食べ方まで丁寧に書いた紙が入っているのでその通りに。
乾燥きくらげは苦手な小太郎ですが、この生きくらげの食感の軽さの魅力的なこと♪
直径10cm余りの生きくらげが4枚入りのもので300~350円。
        
沸騰した湯で短くゆでたら、氷水にとって粗熱を取ります。
水気をふき取ったら千切りにし、塩もみしたきゅうりとあわせます。
きゅうりが塩味を含んでいるので、後はごま油を加えてさっと和えるだけ。
お好みですり胡麻を加えて。  

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

4/6(土)は久しぶりに久万高原町まで走り高校ラグビーの観戦。
オットの両親にもラグビー場に付き合ってもらい、
帰りに砥部の衝上公園で今年2度目のお花見を。
        

小太郎の両親の足の自由が利かなくなってしまったので
歩けるオットの両親には、歩けるうちに自分の足で歩いて楽しんで欲しい。
             

翌日、7日(日)はレンタルの車椅子をオットの車にのっけて新居浜広瀬公園まで。
歩けないから花見も気が向かない様子だった父。
「車椅子があるからどこでも大丈夫よ」と前日に声をかけておいたら
すっかりその気になったようで~♪

オットが「新居浜の広瀬公園まで行ってみようかねぇ」と言えばまんざらでもない様子。
ずっと昔、新居浜に単身赴任してたこともあって縁のある土地。
ほんの何年か前にここを訪れた時には、桜もまだ何分咲きかで小雨がふったりして。
さ~て、今回は!?
        
お見事!これ以上ないほど満々に咲いた桜・桜・桜。

乗りなれない父と押しなれない小太郎で、最初はずいぶんおっかなびっくりの車椅子でしたが
晴天と見事な桜の景色にすっかり機嫌を良くして
足元が悪いのも忘れて夢中になって見上げました。
        

当日の朝になって急にやる気になり、4人には少し少ないけれどお弁当も詰めてみました。
        
オットの弁当用のおかずを解凍したり、
先日の近所の公園の夜桜弁当の残りの味付け稲荷揚げだったり鰆の塩麹漬けだったり。
歯の良くない父が真っ先に手を伸ばしたのは、鶏団子串でした。

比較的足元の良い池の傍は母が父の車椅子を押す場面も。
足の悪い父の乗った車椅子を押す母の足もまた悪いのだけど
こうやって支えあって生きてきたのだなぁ、今も2人でこうやって頑張ってるんだなぁ・・・と
感慨深く。

オット、今年もおかげでいい花見ができました。
遠くまでありがとうね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 別府町・浄明院の牡丹と花盛... | トップ | 恒例、ふたりで夜桜♪ 小さな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

・豚肉」カテゴリの最新記事