小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

つくねレンコンと麩入り糸こんにゃくの卵とじ♪カブのツナ梅和え。

2012年01月24日 | ・鶏肉
今日は朝から美容院に出かけ、
その勢いであれやこれやの用事を片付けたフル稼働の一日でした~。

しかし寒かったねぇ。

<つくねレンコン・麩入り糸こんにゃくの卵とじ・カブのツナ梅和え・おにぎり>
          

●つくねレンコン
今日は家にあるもので・・と作り始めた晩ご飯。
「そういやレンコンがあったよなぁ。」とすっかり当てにしていたのですが、
いざ作る段になって泥を洗い流してみれば、想定外の傷が多々ある~っ!!
皮をむいて傷んだ所を除いてみれば、本来は丸くなるはずの切り口がギザギザだよぉ。
        
ま!気を取り直して~。

鶏挽き肉は塩ひとつまみとおろし生姜をたっぷり加えて粘りが出るまで練ります。
レンコンは4・5ミリ厚に切りさっと水にさらし、キッチンペーパーでふいておきます。

熱したフライパンにオリーブオイルをひき、レンコンを並べます。
続いて練った挽き肉を適当にちぎってはレンコンにのせ、軽く押しつけます。
この状態で粗引きコショウをふりかけたら裏返し。

裏返したらすぐにレンコンをフライパンにギュっ!!
レンコンの穴に挽き肉が入るようにしっかり密着させるため。
あとはしっかり火が通れば出来上がり~。

恐ろしく簡単で安上がりな上、とっても雑に・・・いや手軽に作れるので頻繁に登場する一品。

照り焼きももちろんOKですが、結局たどりついたのはシンプルな生姜風味の塩味。
お好みでレモンなどをしぼりかけていただきます~。


●麩入り糸こんにゃくの卵とじ
いつもと違う店の糸こんにゃく。
出してみればちょっと細めかな?
これも味が染みやすくていいかも~。
        
レンコンに鶏挽き肉を組み合わせたので、定番の鶏肉は使わず麩で代用。
秋にオットが沖縄出張で持ち帰ってくれた圧縮麩の登場。
大事大事に使っているのでまだ残ってますが、結構重宝しています~。

春菊は裏の菜園で採ったもの。


●カブのツナ梅和え
思いがけず早かったオットの帰宅。
「あ~れ~」
本当はもう一品、火を使う料理をするつもりでしたが
二品加熱している間にちゃちゃっと作ることが出来る和えものに急きょ変更。
         
実家でもらってきたカブ。
薄切りにしてひとつまみの塩でもみ、出てきた水けをしぼります。
これに先日の缶詰ツナの残り・茹でて刻んだブロッコリー・刻んだ梅肉を加えて和えました。

カブ1個のかさましにブロッコリーを加えた時点で、
マヨネーズを使おう!と思っていましたが、
その時ひょっこり思い出したのが、ツナ缶の残り。
これでコク出し出来るらば、+マヨネーズは重いなぁ・・ってことで梅干し登場。

ツナ梅、なかなかさっぱりして美味しいです♪

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

マヨネーズ・・・マヨと言えば川崎麻世。
中学生の時、初めて見た川崎麻世は
白いシャツに白い短パン、そして真っ白いソックスのテニスルック。
ソックタッチのCMキャラクターでした。
セーラー服の女子中学生の王子様でしたねぇ♪

ソックタッチを買えばポスターがもらえる!と、嬉しそうに買ったのを思い出しました。

この日、結局は使わなかったマヨネーズなのに
カブの料理を作る間にこんなことを考えていた小太郎です。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ブリかまの塩焼きとクレソン... | トップ | 休肝日 ・ ポークソテーに玉... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時代を感じます・・・ (kuri)
2012-01-25 17:26:22
小太郎さん こんにちは♪
ソックタッチ いったい何本買っただろう?
流行りましたね~♪
当時 川崎麻世さんの強烈なイメージは、『どして この人はこんなに音痴なのだろう?』というものでした。
そして 幾年月。
10年以上前ですが・・・
レ・ミゼラヴルを観劇した時・・麻世さまが 颯爽と登場され!!信じられぬ程素晴らしい歌を披露され 度肝を抜かれました。
どんだけ特訓したんぢゃ!!と ある種の感動を覚えました
そんな事を思い出しましたよ。
本田美奈子さんの歌も素晴らしかった
今日は そんなことを思い出しました
レンコン・油麩 (moscat)
2012-01-27 05:21:00
小太郎さん、つくねレンコンの作り方が目からうろこです。きっちり形を作って焼くのかと思いきやびっくりでした。簡単に出来て美味しいのが一番ですね。
昨夜は久しぶりに油麩の麩じゃがでした。それと鯵の塩焼きに残り物のサラダ、鯵のあらのお汁です。もちろんお酒はいつもの竹原の誠鏡です。
もうすぐ2月いよいよ還暦へのラストスパートです。愛媛マラソンも近づきました、今夜は仲間と新年会兼壮行会です。
Unknown (・kuriさんへ、)
2012-01-27 09:49:32
kuriさん、こんにちは。
ふふっ!kuriさんもソックタッチが分かる世代ね~。
昔の中坊などうしてあそこまできちっとソックスあげたかったかなぁ。

さすがKuriさん!
チェロをやるだけあって音感が若いころからしっかりしてたのね。
小太郎は川崎麻世の見かけにコロッとしてて
音痴なことにさえ気づかずにいました。
レコードまで買っちゃったよ~。

あの人、確か海外のミュージカルでも若い頃活躍したよね。
だから、余計に歌の事って当然上手いと思いこんでた~。
小太郎にとって衝撃的に歌がヘタな人というのは
レイフ・ギャレットとひかる一平、能瀬慶子でした。
それを上回るのはおらんなぁ。

Unknown (・moscatさんへ、)
2012-01-27 09:52:39
moscatさん、こんにちは。
レンコンもハサミ焼きにするならばある程度きちんと感が欲しいけれど
これならば雑に作っても失敗知らず。
ズボラな小太郎らしいでしょ~。

きいただけで体が温まりそうな献立ですね。
ここのところの寒さをため込まず、しっかり芯まで温まっていることでしょう。
マラソン、楽しみですね~。

そういえば、今回のタウン情報まつやまに
moscatさんが何度か訪れたというパン屋「雲珠」が大きく取り上げられていました。

コメントを投稿

・鶏肉」カテゴリの最新記事