小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

風早火事(ひのこと)祭り、 国津比古命神社の屋台練り

2018年10月17日 | ・愛媛のこと
10月7日、松山地方祭の午後。

連休の真ん中の午前中は、母の帯状疱疹発覚でバタバタしましたが、
昼過ぎには診察も終えて一段落。
せっかく秋祭りが日曜日なんだから、どこかの神輿でも見に行こう!という話になりました。

そういえば、太陽市(おひさまいち)に北条のお祭のポスターが貼ってあったよなぁ・・・
何年か前、松山祭総練りで一体だけ参加していた風早火事(ひのこと)祭りの屋台。
半鐘と共に笹の枝いっぱいににつけた白地に赤の模様の紙がゆれてまるで炎のようだったのを思い出し
これじゃ~!!
ちょうど今からならば1時半の屋台練りに間に合うと、さっそくひとっ走り。
       

屋台が一斉に差し上げられると境内に巻き上がる土煙り。
かき手の皆さんの力強い踏ん張りが目に見えるようです~。
          

      

      

この祭りはねぇ、圧巻!ド迫力でした。
神社の境内に着いたときには、
練りの前で担がれてもささげられてもなかったので意外にこじんまり?と見えたけれど
これがいったん大勢のかきての肩にのり、さらには掲げられたら
そそり立つ屋台の様子は境内の大木にも劣らぬ迫力です。

屋台の中では耳栓をして半鐘を鳴らす人ふたり。
この、火事を思わせるけたたましい半鐘の音がこの祭りの魅力ですねぇ。
写真じゃなく動画をお見せ出来ないのが残念です。
夜の宮出しもまた迫力らしい。
      

          

各屋台には勇ましい若い女の子の姿も。
そして、屋台の中にも半鐘を打ち鳴らすキリリとした表情の女子高生の姿も。
      

          
地域に根ざしたお祭りのようです。
屋台の笹飾りも地元の小学生が祭りの前に手作業で一枚一枚貼り付けたものとのこと。

丸だったり、菊だったり、神社の紋のようなものだったり基本は白地に赤い丸い模様。
これは小太郎が境内で拾った鯛の模様♪
これもいかにも北条らしいですねぇ。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

この祭りで偶然、懐かしい人に会えました。
小太郎が若かりし頃、OLとして働いていた時の上司・・・支社長です。
カメラのキタムラで前にばったりお会いしたのは10年前のこと。
すっかりおばちゃんになってしまった小太郎のことがよく分かったなぁ!

仕事の顔しか知らなかった支社長は、今は写真を趣味としてあちこち走り回っているらしい。
おなかも出てないし、気さくなダンディ♪おしゃれだしね。
一体おいくつなんだろう?

会社を辞めてからもう25年くらい?
今もこうして明るく声をかけてもらえて嬉しかった。

野鳥や景色のよいところに出没しているらしいので、またどこかでお会いできそうです。

秋晴れの祭りの日、爽快な気分と共にやってきた懐かしい思い出。
あぁ、イイ1日だった~。



秋祭り、しめくくりは最寄の神社へ。
今年は鉢合わせはないというので、神様に手だけ合わせて帰ることに♪
あ!神様はまだ神輿の中か?!
        
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« なんてことない秋の日曜日の... | トップ | 今年お初の秋刀魚ごはん、 す... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祭り・再会 (moscat)
2018-10-19 05:32:22
小太郎さん、風早火事(ひのこと)祭りですか、
20年余り松山に住んだにも関わらず全く知りませんでした。
新居浜の太鼓台を飾り付けた様な姿で華やかですね。
女子高生も乗っているとは男女雇用均等法の時代に即した変化なのでしょうか?
鯛の模様の飾りも素敵ですね。
新居浜の太鼓台や西条の屋台同様、もっと一般的に知られていてもおかしくないと思いますが、何故なのでしょう?
お祭りでの懐かしい方との出会いもうれしいですね。
小太郎さんの事を見つけて下さった様子、すらりとした小太郎さんはきっと当時とあまり変わっておられないのでしょう、一目でそれと分かった様ですね。
Unknown (・moscatさんへ、)
2018-10-19 08:28:18
moscatさん、おはようございます。
生まれも育ちも松山の小太郎も、
4年前の松山祭り総練で見るまで知りませんでした。
ようやく祭りを生で見ることができて感動!!
夜もまた迫力らしいですよ。

新居浜の太鼓台・西条のだんじり・・・
いずれも何度か生で見たことがあり、
さすがにその数や規模・動員人数や豪華絢爛さは格段上ですが
もっとシンプルで素朴ながらこんな迫力の祭りがあるとは!
ぜひ多くの人に見て欲しいですね。
moscatさんもいつかぜひ。

いやぁ、美魔女はともかく
女の25年の歳月はとっても大きいですよ~。
でも、一瞬で歳月を飛び越えて声をかけてもらえて嬉しかったです。

コメントを投稿

・愛媛のこと」カテゴリの最新記事