小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

大洲の里芋で『いもたき』

2007年09月10日 | ・豚肉
先日買って来た大洲産の里芋で今年お初のいもたき。
去年もちょうどこの頃、初いもたきを楽しんだようです。→『今年お初のいもたき
大洲のいもたきに使われるのは大洲地方特産の夏芋と呼ばれる種類で、
よく見かける宮崎産の里芋に比べて大きく、煮崩れしにくいのだそうです。
まがたま形をしたものが最高らしい。

<いもたき・蒸し茄子のネギソースかけ・タコのからあげ・おにぎり>
     

●いもたき
サトイモ500gは熱湯で10分ほどゆでてからザルに上げ、
包丁を入れずに手で皮をむきます。
鶏もも肉は皮をとって食べやすい大きさに切ります。
油を使わずに表面を軽く焼き付けたら平ザルに並べ、熱湯を回しかけます。
生しいたけは4等分に切ります。
板コンニャク1/2は厚さを半分に切ってから一口サイズの三角形に切ります。
油揚げは熱湯をかけて油抜きしたら、コンニャクと同じサイズに切ります。
 
鶏がらスープ3カップととすべての具材を鍋に入れてあたため、
柔らかくなったら砂糖大さじ1弱を加えて5分ほど煮ます。
(砂糖を控えるにはこの方法が絶大!昔、単発の料理教室で教わりました。)
続いて薄口醤油大さじ1半・濃口醤油大さじ1/2・
みりん大さじ1・酒大さじ1を加えて煮込みます。
         
筑前煮のように醤油色をしているわけでもないので、色は少々悪いですが
味は文句なし!と自負しているわが家のいもたき。
は~っ!至福の時、オットの疲れもどこへやら。
画像に納められなかったのが残念なのだけど、
つまむと箸がスッと入り、割ったところからはねっとりと糸をひくねばりです。

鶏肉は一度軽く焼いて脂を落とすことで、
鶏の臭みも消えるし、煮汁に油がほとんど浮くこともなくサッパリといただけます。
彩りの人参も、風味のゴボウも入らないのが大洲流。
里芋の味だけを存分に楽しめるシンプルな秋の鍋料理です。

●蒸し茄子のネギソースかけ
全長13cmという小ぶりなナス、そのままの大きさと形を生かした一品です。
なぜかオットが見るなり「怖い~!」。
ちょっと蒸しすぎたか?
風呂に入りすぎた子供の指先のように、ナスがしわしわになっちゃった。
         
ヘタのギザギザだけ除いてそのまんま10~15分、強火で蒸します。
あとでソースが絡み易いように、熱いうちに串で何箇所か割き目を入れます。
アツアツをいただいても美味しいのですが、
今日はいもたきで温かい料理は十分でしょう?!
粗熱がとれたところで冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

そこにかけるネギソース。
生姜のみじん切り・ネギの白い部分のみじん切りに
砂糖少々・ごま油小さじ1弱を加えて混ぜます。
砂糖がゆるんだら酢大さじ1・醤油大さじ1を加えてよく混ぜます。

冷えたナスを器に盛り、
枝豆・白髪ネギをのせたらたっぷりネギソースをかけてできあがり。

横に箸を入れてもスッと切れる柔らかさ。
生姜&ネギたっぷりのソースとの相性もよい一品でした。


●タコのからあげ
小太郎はイカ&タコがダメなのでオットだけの一皿。
実家の近所の人が釣ったばかりの超新鮮なタコらしい・・でもそんなの関係ない!
いきなり加熱料理に変身です。
         

お茶碗一杯分のおにぎりには結局手が出ず、
芋に始まり芋に終わった初秋の食卓でした♪
にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

わが家のいもたきの作り方は、
何年か前の愛媛新聞の記事『直伝ふるさと料理・伊予の台所』を参考にしています。
上は2人暮しのわが家用に分量を調節したもの。
特に甘味をぐっと控えているので、ホンモノとは味が違っています。

そこで、今日は新聞記事そのままの分量(4人分)を紹介。

・サトイモ  1kg
・鶏肉    300g
・生揚げ   2枚
・白玉粉   120g (団子用:わが家は団子は省いています)
・しいたけ  5枚
・こんにゃく 1枚

・煮だし汁
(鶏がらスープ)6カップ
・砂糖    大さじ3
・薄口醤油  大さじ3
・濃口醤油  大さじ1
・みりん   大さじ2
・酒     大さじ2

※ちなみに、わが家(2人分)のレシピは砂糖以外すべて半分。 
 砂糖だけぐっと減らしています。
 たぶん、本場大洲のいもたきは結構甘いはず!
 

コメント (10)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 今夜は肉食!庭ごはん | トップ | 秋刀魚の塩焼き、ふたたび。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそう (さと)
2007-09-11 12:16:31
小太郎さん、こんにちは。いもたき、美味しそうです。今からの時期、こういうのが美味しいですね。お芋類が美味しくなる季節。我が家もさつまいもを大量に仕入れて、いろんなものを作る予定です。芋きんとんも大事な一つ。さて、来週にでも作っていただきますか。。。。里芋、大好きです。
あ、ハンバーグ祭りを開催中です。良かったらご参加ください
芋炊き大好き (megu3m)
2007-09-11 14:01:05
昨日に引き続き、お邪魔します。今日はバスと電車(一駅だけ)でお出かけしていましたが、大人だと移動時間30分もかからないのに子供と一緒に1時間半(往復3時間!!)もかかってしまい、おそ~いお昼ご飯を食べ終わってみています。
実は今年の梅雨時期までは伊予市にいたもので、大洲の風景などはなじみがあります。もちろん毎年芋炊き食べてます。今年は大阪で作って食べようかな。
愛媛でもたこ鮮魚売り場では見ていましたがこちらではスーパーに「明石のたこ」がありました。京都が近いので「鱧」もこないだまでずらっとおいてありました。「ああ、大阪に来たんだな~」と思いました。また近いうちに帰省するので芋炊き実家にリクエストしてみようかな。
お久しぶりです(^^) (mint)
2007-09-11 23:46:46
秋ですね~ご飯が美味しい(笑)
「いもたき」がとっても美味しそうです
去年は、大洲のいもたきと鵜飼いを楽しみました。
「いもたき」って具が沢山はいってて皆の美味しさがギュッと詰まってる感じで美味しいですよね
小太郎さんのブログを見ていたら、どれも美味しそうでこんな時間にお腹が空いてきました(^^;)

双海の夕日は、さすが綺麗ですね~
とても素敵です
私も夏に行きましたけど、何処をみてもカップルばかりですね
すてき~♪ (ともももも?)
2007-09-12 04:26:08
芋たきに秋茄子、秋の味覚を
小太郎さんのところから、しっかり満喫させていただきました~
芋たきって、鶏がらスープがベースなんですねえ!!
ちょっとびっくり
そして大根がないんですね。

似たような、大根入りの、おだしでいただくものは
義母の、冬の定番なのですが・・・
ただし、鶏肉は入りません。

鶏肉の下処理も、ヒト手間かけるだけで
ギトギトにならずに、おいしそうですね~

それにしても、お鍋もとっても素敵~!!
芋たきしてるぞ~!!というムードが出てますねえ
う~ん、おかわり!!





おはようございま~す。 (Long Vacation)
2007-09-12 06:55:20
芋たき美味しそう!!
何だか体の芯から癒してくれそうなそんなお料理ですよね~。

鶏肉は一度焼くといいんですね~。
う~ん勉強になります。

蒸し茄子のネギソースかけもいいですね~。
茄子の柔らかさが写真からも伝わってきますぅ。

ホント秋を感じさせる食卓だなぁ。
何だか四季がなくなっちゃうかも・・・、ってニュースやっていたので、ちょっと淋しい気持ちになっていたのですが、やっぱり小太郎家にはちゃんと四季があるんですね。
そういう四季の移り変わりきちんと感じられる自分でいたいなぁ~。

昨日の小太郎さんのコメント何だか心に染みました。
小太郎さんと知り合えてホント良かったぁ~って心から思った瞬間でした。
これからもロンバケをよろしくお願いしま~す(笑)。
Unknown (・さとさんへ、)
2007-09-12 10:03:48
さとさん、こんにちは。
朝のうちは風も心地よくて家の用事がはかどります。
そちらも朝夕は秋らしくなってきましたか。

いもの季節ですねえ。
サツマイモでさとさんがどんなお菓子や料理を作るのか、今から楽しみです。
わが家はオットがサツマイモが苦手なので、頂き物以外に存在しないのです。
自然の甘さが女性には魅力的なのにねえ。

ハンバーグまつり、さっそく拝見しました♪
明日は休肝日なので久しぶりに肉のハンバーグでも作るかな?
遂行できたらTBさせてもらいますね。
Unknown (・megu3mさんへ、)
2007-09-12 10:08:15
megu3mさん、こんにちは。
少し前まで伊予市にいたんですか~。
ご夫婦とも愛媛の方なのですか?

小太郎は愛媛生まれの愛媛育ち。
大洲には生まれた頃から3歳までいたので、
懐かしく思って足を運ぶことが多いのです。
大洲産のサトイモの魅力に取り付かれたのはまだ浅いのですが
同じ有名な産地の西条のいもとはまた違う粘りが特徴です。
手に入りそうならぜひ、大洲産で♪とおかあさまにリクエストを。

土地によって出回る食材も違いますよね。
こちらでハモなんてほとんど見る事ないもの。
帰省の際には宇和海や瀬戸内の美味しい魚をたっぷり楽しんで欲しいな。
Unknown (・mintさんへ、)
2007-09-12 10:11:54
mintさん、こんにちは。
鵜飼いといもたきなんて豪華なセットだ~。
夏から秋の大洲で出来る贅沢、小太郎もやってみたいなあ。
小太郎は鵜飼いは3歳の時に一度だけ見に行った記憶がうっすらと・・・
実は鵜飼い舟から落ちたという悲しい思い出があるのです。

双海のシーサイド公園はカップルばかりな上に浮きがたくさん浮いてたので
少し場所を変えて写真を撮りました。
その季節の日没に向けてあのモアイ像が立ってるというけど
確かめたことある?
Unknown (・ともももも?さんへ、)
2007-09-12 10:15:55
ともももも?さん、こんにちは。
大洲のいもたきは鶏がらがベースというのが基本らしいのよ。
でもなければ鰹だしでもO.K.というから結構自由?!
サトイモの産地ごとに、愛媛の各地でいもたきは開催されてるけど
団子が入ったり、タコが入ったりと具材もいろいろ。
愛媛のいもたきは初秋なので大根はちょっと早いので入りませんねえ。

鶏肉は一度焼くのがオススメ。
煮た鶏が苦手という人がいる場合には特に効果的ですよっ。

この鍋は去年も一昨年も好評だったな~。
ホームセンターでとっても安く手に入れたもの。
蓋が木なんだけど、乾燥して?ちょっと縮んでしまいました。
Unknown (・LongVacationさんへ、)
2007-09-12 10:19:39
ロンバケさん、こんにちは。
昼間はまだまだ暑い日もあるけど、夜には少し温かい料理が嬉しい季節。
体が求めるまま、手近にあるものを使ってたらすっかり秋の食卓になってたよ~。
地元でとれる旬のものを楽しめるというのは、やっぱり贅沢だよね。

鶏肉は一度焼くと油も落ちるし臭みも減るのよ。
鶏の焼いたのや揚げたのは好きでも、煮たのは嫌いという人が案外多くない?
そんな苦手ポイントもこれでほぼ解消できるはずなのだ~。

いえいえ、こちらこそ今後ともよろしくです♪
いつも思ったことをそのままにしか伝えられない単純人間ですので年の割りに幼稚ですが・・・

コメントを投稿

・豚肉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

から揚げが食いたいねん・・・ (そうぷう飯)
今日は何食べる?と聞いたところ 「から揚げ~」という答えが。 最近のそうぷうは『辛い』を認識しだし 『から揚げ』と聞いて 「辛いの?」と聞いてきました☆ 大丈夫や~で~♪ [[attached(1)]] 鶏肉を少し残しておき、 前から作りたかった、愛媛の名物「いも...
お初のいもたき☆ (もぐもぐ ぱくぱく ごはん)
ちまちまいろいろごはんの日。 ずっと気になったいた小太郎さんのいもたき、よさそうな里芋がようやく手に入った ので作ってみました!  鶏肉は焼いてから、鶏がらスープで煮込むなど、この手 の野菜系汁物を普段作るのとはちょっと違っているところもおもしろいよ...
本場のいもたき。 (てるてるCafe~毎日のひとりごと~)
今日からオットが名古屋に研修旅行に行っちゃいました~。 さてさて、この1週間(金曜までだから1週間もないけど)何しようかな? 昨日の晩ご飯です。 鮭のはさみ漬け&大洲のいもたき&もずく酢 先日大洲のいもたきをお取り寄せしたので、食べる日を今...
いもたき~ (ふんわりきっちん@いつも笑顔で♪)
今朝は涼しくておかあちゃんもちょっと咳をコンコン・・。はて、だいじょうぶか?今のところ大丈夫です。最近疲れ気味のわたしです。なん...
いもたき (10月5日) (おじょうのフォト日記)
「いもたき」とは。 旬のサトイモが主役の鍋料理で、お月見と共に楽しむ郷土料理。 愛媛では9~10月に河川敷や庭園などでいもたき会が盛んに開催されている。 美味しそうなサトイモが出回っているし、いもたきにしようと思いたつ。 しかしながら、私はいもたき会に...
お食い初め (10月5日) (おじょうのフォト日記)
(S5ISにてバウンス撮影)