小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

サバのチリソース炒めとお気に入りの胡麻おぼろ

2019年01月10日 | ・さば
大きなのを見つけて調子に乗って2尾買いした寒サバ。
まずはシンプルに塩焼きで楽しみ、
翌日は夏に収穫して冷凍しておいたプチトマトでチリソース炒め。
寒サバ×夏収穫のプチトマト、季節を超えてのマリアージュですねぇ♪

<1/9 寒サバのチリソース炒め・胡麻おぼろ・ほうれん草のゴマ和え・トマト>
          

●寒サバのチリソース炒め
さば一尾は三枚におろし、腹骨と小骨を丁寧に除いて食べやすい大きさに切ります。
酒・醤油各大さじ1(+生姜汁)をまぶして30分ほど置きます。

しょうが・ニンニク各1片・長ネギ1/2本分はそれぞれみじん切りに。
冷凍プチトマトは水にくぐらせて皮を除き自然解凍。

鯖は下味の汁気をキッチンペーパーでふき取り、薄く片栗粉をまぶします。
焼くよりはちょっと多めの油で揚げ焼きし、皿に取り出します。

フライパンの余分な油やヨゴレをキッチンペーパーでふき取り、
ゴマ油大さじ1でしょうが・ニンニクのみじん切りを焦さないように炒めます。
香りが出てきたら豆板醤小さじ1~2・長ネギのみじん切り・プチトマトを加えて炒めます。
鶏がらスープを100ml加えて一煮たちしたら、揚げ焼きした鯖とブロッコリーを投入。
ヘラなどで全体をさっくり混ぜたら出来上がり。
        
サバにまぶした片栗粉がスープに溶け、自然にゆるめのとろみがつきます。
最初にサバにつけた下味と鶏がらスープの塩分だけで味は十分♪
(味の微調整をしたい時には醤油を使用)

今の季節にトマトを買えばいいお値段ですが、
夏の名残りのわが家の冷凍プチトマトがさわやか~にいい仕事をしてくれました。


●胡麻おぼろ
大好きな胡麻おぼろ。
小太郎の知ってる範囲だと、高島屋の地階食料品売り場か海響市場で売ってます。
塩ひとつまみとオリーブオイル、トッピングにアマランサス。
        

●ほうれん草のゴマ和え
        
     
  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

かつて観たことがあるヒッチコックの『鳥』。
昨晩たまたまBSでやっていたので、20分あたりからオットと2人で観ました。

スズメやカラス、かもめの大群に町や家・人が襲撃されるシーンでは
古い技法ながらも背筋がぞっとする恐怖を感じました。
ついつい引き込まれて最後まで。

「で、なぜ鳥はこの町を襲ったの?」分からない。
人が自然を壊して、住むところ食べるところを失った鳥の逆襲?
この女性が何かした?
鳥かごのラブバードがとっても意味深なんですけど??
結局その理由は分からないまま。
実際、意味も理由もないのかもしれない。

ふだんは穏やかに距離を保って共存している鳥が突然、人を襲ったら??
怖いでしょ?

ヒッチコックがニヤッと笑ってそう。
そういう、シンプルに恐怖を誘う映画だったのかも知れません。

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 寒鯖の塩焼きと蕪の甘酢和え♪... | トップ | わが家の紅梅、咲きました♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鯖・胡麻そぼろ (moscat)
2019-01-11 06:05:37
小太郎さん、寒サバのチリソース炒めがツヤツヤと美味しそうです。
先日、JA産直市場でいい大きさのトマト2個で160円也、普段は冬場のトマトは買わないのですが、安さに魅かれて買ってみました。
生食は案の定今一、でもミネストローネに利用するといい感じで味わえました。
夏の完熟の冷凍、今の時期に有りがたいですね。
胡麻そぼろ?初めて聞く名詞です。
どんなお味なのでしょう?
ヒッチコックの鳥ですか、何度も聞いた事は有る有名な作品ですね。
CGの無い時代に撮影は大変だった事でしょう。
Unknown (・moscatさんへ、)
2019-01-13 18:45:31
moscatさん、こんばんは。
クイズ出してたらピッタリ賞でしたね。

季節は裏ですが、今はきれいなトマトをよく見かけます。
わが家は夜はごはんの代わりがトマト。
冬でも食べれるなんてありがたい。

胡麻おぼろです。
おぼろ豆腐♪
黒胡麻の風味豊かで、しょう油よりは塩ですね。

古い映画は今の時代、突っ込みどころ満載ではありますが
それでも夢中にさせるストーリーがすばらしいですね。

コメントを投稿

・さば」カテゴリの最新記事